MicrosoftのOS Windows

Windowsとは、マイクロソフト社が開発したOS(パソコンを動かすために必要なソフト)のことです。

パソコンは様々な部品で構成されていますが、実際にパソコンとして機能を始めるのはOSが動き出してからということになります。

Windows 95が出てくるまでは、MS-DOSという主な操作をキーボードで行う CUIでしたが、Windows 95からGUIへの移行となりました。

Windowsは、窓 すなわち ウィンドウズを開いて操作することが基本です。Windowsの語源になっています。

窓

シリーズ

パーソナルコンピューター向けのWindowsには、古い順から Windows 95、98、ME、2000、XP、Vista、7、8、8.1、10などがあります。

Windows XP。

Windows XP

Windows 7。

Windows 7

Windows 8.1。

Windows 8.1

Windows 10。

Windows 10

またサーバー向けとしては Windows Serve 2003、2008、2012、Windows Home Server、Windows Home Server 2012などもあります。

サーバーというのは データを保管したり 複数のパソコンからアクセスされるのに特化したコンピュータのことです。

エディション

Windwosは、現在 OSごとにエディションがあります。

エディションというのは、ホーム向け、ビジネス向けなど用途別になっているものです。

Windows 95、98、MEがホーム向け、NT、2000がビジネス向けでしたが、XPからホームエディション、プロフェッショナルエディションで分けられることになりました。

Windows

Windows 7には、Home PremiumやProがあります。

家庭用でProを使ったり、事業所で Homeを使ったり、明確に区分けがあるわけではありませんが、Proのほうが ネットワークの機能などがやや多くなっています。

32bitと64bit

エディションの他のもうひとつの区分として、32bit版と64bit版とがあります。

単純に一度に扱える情報量が多くなっているのが、64bit版です。

64bitは XPのときからありましたが、普及しはじめたのは、Windows 7のときになります。

Windows 7 Home Premium 32bitと64bit、Windows 7 Pro 32bitと64bitなどに分かれてきます。

違いとしては、64bitの場合 4GBを越えるメモリーを認識して扱えるという点があります。なのでメモリーを増設したりする際に よく確認するところです。

現在の主流は 64bitですが、32bitと64bitのどちらでも使えるセレクタブルOSや中古品でよく見られる再生PC用のOSなど、32bitも数多く見られます。

パソコンを動かす基本ソフト

Windowsは 基本ソフトともいいます。

パソコンやサーバーを動かすプログラムです。

パソコンやサーバーには 必ずストレージ(記憶部品)が内蔵されています。これは主にハードディスクが使われています。

Windowsは ストレージにインストールされていると考えていいでしょう。

パソコンを初期化したり 自作パソコンでOSをインストールしたりするのは ハードディスクにWindowsを書き込んでいる作業になります。

アップデート

Windowsとアップデートは密接な関係にあります。

Windowsを快適に安全に使用するなら Windows Updateをよく理解しておく必要があります。

Windowsはリリース後も機能の追加やセキュリティの強化などを目的としたアップデートを提供しています。

Windowsのユーザーは誰でも利用できます。

パソコンには Windows Updateを自動で行う機能が付いているのでこれを活用するようにします。

アップデートを行わないパソコンというのは常にセキュリティ上のリスクや不具合・トラブルを抱えやすくなります。

サポート期限

OS(Windows)にはサポート期限というものが設けられています。

Windowsは無期限に使用出来るというわけではありません。サポート期限とは、マイクロソフトがいつまでアップデート(更新プログラム)を提供するかというものです。

期限が過ぎるとマイクロソフトからアップデートは提供されなくなります。