CUIとGUIとは?

CUIとGUIですが、

GUIのほうが よく使われる言葉です。

CUIは、Character User Interfaceの略。GUIは、Graphical User Interfaceの略。

User Interface ユーザーインターフェースとは、ユーザーとパソコン間での情報のやり取りの方法、仲立ちするものという意味です。

ユーザーインターフェースが Cなのか?Gなのか?ということです。

なので端的にいいますと、

  • CUI・・・Character、文字
  • GUI・・・Graphical、グラフィックや図表

という方法で 人とパソコンが情報のやり取りをするということになります。

CUI

CUIは、文字だけでやり取りをするのですが、代表的なものは Windowsに搭載されている コマンドプロンプトといわれるものです。

コマンドプロンプトは すべてのプログラムから起動させることができます。

例えば ipconfigという文字でコマンド・命令を出すと、

コマンドプロンプト

それに対して パソコンが答えを出してきます。

ipconfig

このように あらかじめ決まっている文字やコマンドを入力して行うやり取りを CUIといいます。

黒い画面に カーソルだけが点滅しているという感じです。

Windowsが出てくる前の MicrosftのMS-DOSというOSがCUIです。

主にキーボードが使われます。

CUIは 主にUNIXやLinuxなどのOS、シスコ社製のルーターなど機器の操作・保守管理などで使われています。

GUI

GUIは、CUIと違ってグラフィカルな画面で分かりやすく情報のやり取りができます。

今使っているWindowsのパソコンが GUIです。

GUI

キーボードの他 マウスやタッチパネルも使われます。

デスクトップ画面を見るとわかりますが、グラフィカルで アイコンやメニューボタンなどが用意されていて、どのように操作すればよいのか 分かりやすくなっています。

例えばパソコンを使っていると当たり前のように出てくる、メニューバー、プルダウンメニュー、チェックボックス、選択ボタン、テキストボックス、エラーメッセージなどすべて GUIを構成しているものになります。

Windowsだけでなく Macやスマートフォン、タブレットなどのデジタル機器や各種アプリケーションは ほぼすべてGUIです。

また広い意味では、銀行のATM、カーナビなど 視覚的に簡単に操作できる機器やシステムもGUIになります。