FNキーを理解する

キーボードには FNキーというものがあります。

エフエヌキーというのが一般的です。

ファンクションキーともいいますが、キーボード上段のF1~F12をファンクションキーといいますので、混同しないようにエフエヌキーという呼び方が使われます。

このFNキーは すべてのパソコン・キーボードにあるというわけではありません。

ノートパソコンなどやや横幅の狭いキーボードに付いていることが多いです。

FNキーはキーボードの左下や右下にあります。色が付いていることがあります。

FNキー

このFNキーと同じ色が付いているキーが他にもあります。キーボード上段のF1~F12に多いです。

同じ色

右上のキーの一部にも同じ色が付いていることがあります。

右上

つまりどういうことか?といいますと、

FNキーを押しながら これらのキーを押すと特定の操作ができるということです。

同じ色なので FNキーと組み合わせて使えますよという意味です。

では具体的にこのキーボードのFNキーとF12キーを押してみます。

F12

するとデスクトップに電卓が出てきました。

電卓

このように FNキーと同じ色のキーを押すことで特定のソフトが起動したり、隠れた機能を使うことができるというわけです。

主な操作としては、

  • 内蔵の無線LANアダプターのON/OFF切り替え
  • 液晶の明るさの調整
  • 音量の調整
  • 画面のキャプチャ

などがあります。

どのキーにどのソフト、どの機能があるというのは特に決まっているわけではなく、パソコンやキーボードによって異なります

キーのところには どういう機能があるのか 小さくアイコンが表示されているのでなんとなくどういう機能か分かるようになっています。