パソコンの省電力設定

パソコンを一定時間使っていないと、液晶ディスプレイの電源が切れたり、パソコンがスリープ状態になることがあります。

電源が切れないようにしたい、スリープ状態にならないようにしたい、時間を変更したいということはよくあります。

デフォルト・工場出荷値では 時間がやや短めになっていたり 省電力プランに設定されていることが多いようです。

設定はコントロールパネルから。

コントロールパネル

コントロールパネル→電源オプション。

電源オプション

現在使用しているプランにチェックが入っています。プラン設定の変更をクリック。

チェック

時間を変更するか「なし」にします。変更の保存。

時間を変更

詳細な電源設定の変更という箇所がありますが、通常は扱いません。上級者向けです。

ディスプレイの電源を切る

設定した時間になると、液晶ディスプレイの電源が切れ画面には何も表示されなくなります。

ディスプレイ以外の電源は付いていますので、パソコンの状態はそのままです。

一般的に マウスやキーボードを動かすと、液晶ディスプレイの電源が付いて復旧します。

スリープ、休止状態

パソコンを一定時間使用しない時に、省電力を目的として スリープ、休止状態があります。

スリープや休止状態は、パソコンのシャッドダウンメニューから選択することもできます。

スリープと休止状態

スリープと休止状態には 少し違いがあります。

スリープ

スリープは、スタンバイ、待機電源モードともいい、現在の状態をすべてメモリー上に残し、メモリー以外の電源がすべてOFFになります。

一般的に スリープから復旧させる場合は、キーボードのキーを何か押します。

作業を一時的に中止することから サスペンドともいいます。

休止状態

休止状態は、ハイパーネーションともいい、現在の状態をすべてハードディスク上に残し、ハードディスク以外の電源がすべてOFFになります。

一般的に 休止状態から復旧させる場合は、パソコンの電源ボタンを押します。

休止状態から復旧した場合、「Windowsが再開しています」と出ます。

省電力効果が高いのは 休止状態ですが、復旧までの時間が短いのはスリープになります。