OSの種類・基礎知識

自作パソコンでは、主にWindowsを使います。

通常は サポート期限内のOSを使いますので、現在であれば、Vista、7、8、10などです。

このページでは 自作パソコンで使われているOSに、どのような種類があり どのような形態で販売されているのか紹介しています。

種類

まずOSには シリーズ、エディション、32bit・64bitがあります。

これは基本的に 自作パソコンでもメーカー製パソコンでも共通です。

シリーズ

  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 8 及び 8.1
  • Windows 10

エディション

エディションというのは、HomeとかProのことです。

一般的に Homeが家庭向け、Proが事業所向けになりますが、厳密に決められているわけではないので、どちらでも使用することができます。

Vistaや7には、Proの上に Ultimateというエディションもあります。

上位ほど機能がやや多いのですが、一般的な利用ではHomeやProで問題ありません。

32bit・64bit

OSが一度に処理できる情報量が32bitか64bitかです。

なので64bit OSは、4GBを越えるメモリーを認識して管理できます。

32bit OSの場合、メモリーを8GBとか16GBにしても増設は可能ですが、OSが認識できないため 実質メモリーは4GBまでになります。

また起動が速いなどの特徴がある UEFIモードでのインストールは、64bit OSのみ対応しています。

XPの時代は 32bitが主流でしたが、Winodows 7以降は 64bitがよく使われるようになっています。

DSP版とパッケージ版

自作パソコンで使用するOSには、DSP版とパッケージ版があります。

DSP版は、バンドル版といって 何かのパソコンパーツと一緒に購入して それによって使用することができるようになっています。

パーツとのセットハードディスクやマザーボード、光学ドライブなど自作パソコンで使用する何かのパーツと一緒に購入するDSP版。


LCPLCP版 (Low Cost Packaging)。簡易な包装にインストールディスクとプロダクトキーが入っています。


パッケージ版は、OS 単品で販売されているものをいいます。

Windows 10では、USBメモリーとプロダクトキーが同梱されています。DSP版のようにパーツとの同時購入などの制約はありません。

OSは、Microsoftによって製造・販売されていますので、いつからいつまで販売されるかは その時次第です。例えば Windows 7や8はOSのサポート期限内ではありますが、Microsftの新規での製造・販売はされておらず、流通しているのは 在庫品や中古品になります。

次期OSが出る前になると、現在のOSの製造・販売は停止すると考えるといいでしょう。

プロダクトキー

XPではCD、7や8ではDVDでしたが、Windows 10ではUSBフラッシュメモリになっています。

また Windows 10では オンラインコード版もあり、オンラインコードのみ購入し プログラム本体はMicrosoftからダウンロードしてインストールするものもあります。

Officeでも プログラムをMicrosoftからダウンロードして、キーを入力するだけという形態になっています。

DVDやUSB、オンラインコード版にしても、最も重要なものは プロダクトキーになります。

プロダクトキー開封するとプロダクトキーやインストールDVDが入っています。


インストール中やインストール後に プロダクトキーを入力し、その後 認証を行います。

再インストール時でも使用するので なくさないようにします。

DVDやUSBを購入しているというより、プロダクトキーを購入しているという感じです。

システム要件

システム要件、つまりWindowsをインストール・使う上でのハードウェアの条件はあるのか?というところですが、ほとんどないと考えていいでしょう。

例えば Windows 8を使用するためのシステム要件・スペックはこのようになっています。

最新のCPUやチップセット、グラフィックボードが必要というわけではないことが分かります。

  • CPU・・1GHz以上
  • メモリ・・2GB以上
  • HDD・・20GBの空きスペース
  • グラフィック・・Microsoft DirectX 9 グラフィックス デバイス (WDDM ドライバー付き)

注意点としては、マザーボードのドライバがあるかどうかです。

少し古いマザーボードに Windows 10を使おうとしたら、Windows 10用のドライバがないということもあります。

中古品や少し世代の古いマザーボードを使う場合は、ドライバがあるかどうかの確認が必要です。

インストール方法

DVDやUSBでのインストールはそれほど難しいわけではありません。

ブートパーツの組み立てが終わり BIOSの起動もできるなら、あとはDVDやUSBを繋いで、そこからブートさせるだけです。


BIOSで 光学ドライブやUSBメモリを 起動させるように設定すれば、インストールが開始されます。

インストールは、ウィザード形式で進みます。

UEFI64bit OSで、マザーボードがUEFI対応なら、UEFIインストールすることができます。

例えばASUSなら、64bit OSのインストールディスクの入ったドライブやUSBメモリにUEFIマークが付きます。


ここから起動させて、SSDやハードディスクにインストールを行います。

UEFIインストールは、起動ディスクがMBR形式ではなくGPT形式でフォーマットされる、起動が速い、3TB以上のディスクを起動ディスクにできるなどの特徴があります。


2017年 現在人気のOS

Microsoftから製造・販売されているものは 現在 Windows 10のみになります。

Windows 7やWindows 8・8.1は中古市場などで流通しています。8と8.1は 同じ Windows 8系ですが別々に販売されていました。

HomeとProは、HomeよりProの方が少し価格が高くなります。

32bitと64bitに関しては やはり64bitのほうが人気があります。

これから自作する場合は、最新のOSでサポート期間が長いことと、SkylakeやKabylakeとの兼ね合いを考えると、Windows 10が無難です。最新のCPU Kabylakeを使う場合、Windows 10のみが正式サポートとなっています。

Windows 10 パッケージ版 USBメモリは、UEFIインストールができないようです。

Windows 10は、最新のISOファイルをマイクロソフトからダウンロードすることができます。

UEFIインストールしたい場合は、やや面倒ですが ISOファイルをUSBやDVDにライティングして使うという方法があります。

関連情報