起動しないトラブルの時に使う

Windows 7が起動しないという場合でも、システム修復ディスクを使用して予め作成していたWindowsのイメージバックアップから復元することができます。

Windows 7が起動しなくなった時に、緊急用のディスクとして利用できますので作成しておくと便利です。

スタートメニュー→すべてのプログラム→メンテナンス→システム修復ディスの作成。

メンテナンス

システム修復ディスクの作成に進みます。

システム修復ディスク

下記の画面になります。ここで空きのCDを光学ドライブへ入れて、ディスクの作成をクリックします。

ディスクの作成

書き込み中です。数分で終わります。

書き込み中

書き込みが終わる前にメッセージが出るので閉じるをクリック。

閉じる

無事にシステム修復ディスクの作成が終わりました。

OK


関連情報