インターネット回線とプロバイダを知る

インターネットをするには、必要なものがあります。

インターネット回線とプロバイダの契約です。

今現在インターネットを使用しているという場合は、この2つがすでに準備できているということになります。

今お使いの回線とプロバイダは何ですか?という質問に対してすぐに答えられるのであれば、基本的なことは理解できていることになります。

もし分からないという場合は、自分のインターネット回線とプロバイダを知っておいたほうがいいでしょう。

道路と関所という役割

回線とプロバイダにはそれぞれ役割があります。

インターネット回線というのは、文字通り回線です。情報のやり取りをどういう回線で行うか、どの会社のものを使うかというものです。

例えば、目的地までに行くのに車に乗って行くとして、道路を使いますが、その道路だと思えばいいです。

回線

光回線、ADSL、CATVなどありますが、それぞれいろいろな道路を使用しているのです。

一般道とか高速道とかいろいろあります。

さて しばらく道路を進むと インターネットという仮想空間が広がっているとします。

このインターネットへの入り口で IDやパスワードを発行している会社がプロバイダです。

ISP インターネット・サービス・プロバイダです。

例えば映画館に入るにしても、遊園地で遊ぶにしても入場券が必要になります。誰でも自由に入れるというわけではありません。

インターネットも同じで、IDとパスワードを発行してもらった人だけが入れるようになっています。

インターネットをしているというのは、先ず回線がありプロバイダにIDとパスワードを発行してもらっていると考えるといいでしょう。

具体的にどういう会社がある?

インターネット回線やプロバイダには、聞き慣れた会社が多いと思います。具体的には下記のような回線事業者やプロバイダがあります。

インターネット回線

  • NTT東西・・光・ADSL
  • KDDI・・光
  • 電力会社・・光
  • CATV・・光・ケーブルテレビ回線
  • WiMax・・無線

プロバイダ

  • ぷらら
  • OCN
  • So-Net
  • DION
  • Nifty
  • Biglobe

最近ではやはり光回線が一番多いのではないでしょうか?

戸建では光回線をそのまま宅内に引いたり、マンションでも直接光を引いたりマンションの1Fまで光でそこから部屋までは電話回線というパターンもあります。

ADSLというのは 従来の電話回線で ADSL信号を使って行う比較的高速なインターネット回線です。

光回線の普及で ADSLは少なくなってきています。

次に多いのがケーブルテレビですね。

各地域にケーブルテレビ会社はあります。メイン(幹線)は光で宅内までは同軸ケーブルを使用することが多いです。

また 無線でも高速な通信が可能となってきており 使用できるエリアも増えていることから Wimaxなどの回線もよく使用されるようになってきました。


回線によって プロバイダが選択か固定か異なる

回線にプロバイダを組み合わせてインターネットを始めることができるのですが、プロバイダは国内に何百社もあります。

回線とプロバイダという関係を分かりやすく示しているのが NTTの光回線やADSL回線です

同じNTTの光を利用していても、それぞれ利用者によって契約しているプロバイダは違ってきます。ある人はぷらら、ある人はOCN、ある人はBiglobeなど異なるのです。

回線の契約時に 事前に対応しているプロバイダから選べるようになっていることもあるし、自分でプロバイダだけ別途申し込むということもあります。

NTTは国内のインターネット回線事業者としては 選択できるプロバイダの自由度が非常に高いといえます。

電力系の光回線の場合は、回線事業者が回線とプロバイダを兼ねていることがほとんどです

あらかじめ、すでに2つでワンセットになっているのでプロバイダを別に選ぶということはほとんどありません。

例えば 関西電力系のケイオプティコムなら eonet、四国電力系のSTNetなら ピカラ、九州電力系のQTNetなら BBIQがプロバイダになります。

ケーブルテレビも電力系と同じです。回線とプロバイダの両方をセットにして提供しています

例えば ケーブルテレビ最大手のJ-COMなら プロバイダは必ずJ-COMです。

地域のケーブルテレビ会社でも同じで、回線だけケーブルテレビでプロバイダが 別会社ということはほとんどないでしょう。

また他に プロバイダがNTT回線を借り受けて 一括してサービスを提供する会社もあります

具体例でいうと NURO 光 があります。

回線そのものはNTTの光なのですが、プロバイダ So-netがNTTから回線を借り受けて回線+プロバイダをセットでサービスを提供しています。

このように回線とプロバイダに区分けがないようには見えますが、厳密に言うと、回線+プロバイダで分けることができます。

光コラボレーションモデル

従来 NTTの光ファイバー網は、NTT東西のみが使っていたのですが、2015年からプロバイダ・電気通信事業者に「卸売り」を開始しています。

これにより、これまでインフラを持たなかったプロバイダが光ファイバーを回線として持つことができるようになり、自社のプロバイダ事業と一括して自由な料金設定や割引サービスを提供しています。

このような形態を光コラボレーションモデルといい、サービスを提供する事業者を光コラボレーション事業者、FVNOともいいます。

具体例でいうと、ドコモ光、excite光 、@nifty光、OCN光などがあります。

光コラボレーションモデルでは、回線とプロバイダは同じ会社ということになります。

Wimax・Wimax2

それでは WimaxやWimax2、LTEなどのモバイルデータ通信はどうでしょうか?

Wimax、Wimax2というのは正確には無線の通信規格のことをいいます。

大容量・高速のモバイル通信です。

このWimax、Wimax2は その回線の管理をUQコミュニケーションが行っています。なので Wimaxは UQ Wimaxともいいます。

プロバイダを UQコミュニケーションズにすることもできますし、他のプロバイダ 例えば NiftyやBiglobeにすることもできます。

これらNiftyやBiglobeは UQコミュニケーションズから回線を借りて 自社のプロバイダとセットで提供しているということです。

スマートフォンのデータ通信

もうひとつの有名なモバイル回線は LTEを使用したサービスがあります。

au、ドコモ、ソフトバンク、Yモバイルがあります。。

この場合 基本的に回線もプロバイダともに携帯電話各社のものを利用していることになります。

スマートフォンのデータ通信をしているということは、その携帯電話会社のプロバイダを使っていることです。

auならLTE NET、ドコモならmopera Uなど。

携帯電話網からインターネット網に入る際に APN(Access Point Name)で認証を行っています。

パソコンでいう プロバイダのIDとパスワードの認証が APNになります。

ただWimaxと同じように いくつかのプロバイダが携帯電話会社のLTE回線を借りてサービスを提供しています。

使われる機器

回線とパソコンをつないでいるものに 回線終端機器、モデム、ルーターなどがあります。

光回線では回線終端機器(ONUともいいます)、ADSL回線ではモデム、CATV回線などでは ケーブルモデムが使われます。

これらの機器があることで パソコンと回線をつなぎインターネットへの準備が整います。

あとはプロバイダのIDやパスワードを パソコンやモデムに繋がっているルーターに設定します。

設定は基本的にルーターに行います

これでインターネットに入ることができます。

NTT NTT光回線のONU兼ルーター。ログインしてプロバイダのID・パスワードを設定します。


CATV CATVなどでは ケーブルモデムをつなげばインターネットにつながるということも多く 必ずしも設定が必要というわけではありません。

モデムそのものが認証を行っていると考えることができます。


モバイルルーターWimaxやYモバイル、LTEでは モバイルルーターという機器を使います。

電源をONにすると すぐに使えることが多いです。


これらモデムやルーターは 回線事業者からの貸出が一般的です。モバイルルーターの場合は機器を購入することもあります。

ベストエフォート型

インターネット回線は、すべてベストエフォート型になります。

最大値でこのぐらいの能力がある、許容度がある、耐性があるという意味です。

インターネット回線というのは、パケット通信形式になります。データは、パケットという小さなサイズに分割されて送受信されています。

車をパケットに例えるとこういう感じです。

車で道路を進んでいます。

車が少なければ、スイスイ進むことができますが、信号があったり、脇道から車が出てきたり 曜日・時間帯によって車が増え 渋滞します。

インフラとしては、そのぐらいの速度を許容できるようになっているが、実際は 複数のユーザーで共有して使っているのでそうはいかないということです。

ベストエフォート型というのは、あくまで理論値・最大値のようなもので、速度が保証されるものではありません。

回線・プロバイダの選び方

回線やプロバイダをどこにしたらいいの?という悩みはあるかもしれません。

その回線の信頼性、プロバイダのサービス、光電話の有無、CATVとのセット、価格、外出先での利用など基準になるのは その人その人で異なってきます。

まずは 今住んでいる自宅やマンションにどういう回線が対応しているのか調べることも大切です。

NTTや電力系の光やケーブルテレビの回線がそもそも引けるのかどうか?マンションが対応しているのかどうか?

またモバイル回線なら対応エリアなのかどうか?などです。

回線スピードや安定感、光電話なら NTT+プロバイダ、電力系、光コラボレーション事業者。

ケーブルテレビもよく見るというのなら CATV。

価格面なら回線とプロバイダがセットになっている電力系やCATV、光コラボレーション事業者。

外出先・屋外での利用や引っ越しが多いなら WimaxやYモバイルなど様々です。

携帯電話とのセット割り

回線・プロバイダの選び方としては 他に現在自分が使用している携帯電話・スマートフォンのキャリアに合わせるという方法もあります。

光コラボレーションモデルの登場もあり 携帯電話との組み合わせて通話料や基本料金が割引になるサービスは増えています。

例えば auならKDDI光、@Nifty光、docomoならドコモ光、ソフトバンクならソフトバンク光、nuro光というように組み合わせることで料金の割引を受けることができるようになります。

またJCOMは KDDIの子会社・傘下となっているので auなら JCOMにすることで割引をうけることができるようになっています。

申し込み方法

実際にインターネットをしたいとき 回線やプロバイダのどこに連絡したらいいの?ということもあります。

前述したように CATVや電力系など回線もプロバイダもセットになっているところは 窓口はひとつです。

NTTやWimaxが回線とプロバイダで分かれていますね。

例えば NTTに連絡して申し込みをすれば NTT側で推奨のプロバイダをいくつかすでに用意しています。

そのなかから自分の好きなところを選ぶことができます。

また逆に プロバイダを通して申し込みもできます。

例えば ぷらら、エキサイト、BIGLOBE、OCNなどでNTT光の申し込みはできます。

プロバイダの申し込みと同時に NTTの回線手続きも一緒に進めてくれます。

ただ最近では光コラボレーションモデルへと移行しているので、プロバイダへの申し込みは光コラボレーションモデルのサービスへの申し込みになりつつあります。

またWimaxの場合も同じで 窓口などで申しこめばどこのプロバイダにするか選ぶことができます。

基本的には UQコミュニケーションズやその窓口指定のプロバイダになることが多いようです。

もし他のプロバイダである NiftyやBiglobeなどにしたいときは、窓口でそのように伝えるか NiftyやBiglobeのプロバイダのサイトから申し込めばいいでしょう。

インターネットがしたいという場合 通常は回線の会社で申し込みます。

ただプロバイダから申し込みをすると 工事費が無料になったり、無料期間があったり、タブレットのサービスがあったりと特典や割引があることが多いのです。

プロバイダの乗り換えや契約

NTTの光やADSLでは 前述したように回線とプロバイダというのは明確に分かれています。

プロバイダからの請求書を見たことないという場合は 請求書がNTTと合算になっているので気付かないということもあります。

プロバイダ料金はプロバイダ各社で多少異なるため 自分に合ったプロバイダやより安い料金のプロバイダに乗り換えるということも少なくありません。

契約時にNTTの回線のみ申し込みしたとということもありますが、この場合 プロバイダの申し込みは必要となります。

大事なもの

このように 回線とプロバイダというのは、基本的に別々であるということです。

家にあるモデムやルーター、配線などは回線事業者の管轄になります。NTTの場合は ルーターのIDやパスワードの記載されている用紙があります。

一方、インターネットをするために必要なIDとパスワードが記載された用紙もあると思いますが、これはプロバイダの管轄です。

インターネットをしているということは、こうしたIDやパスワードの発行済ということになります。再設定やログインの際に必要になることも多いので関係している書類は無くさないように大切に保管しておきます。


関連情報