国内最大の回線事業者 NTT

NTTは、インターネット回線でも国内最大のシェアをほこります。家庭用、法人や事業所でもよく使われています。

これからインターネットをする、引越し先・移転先でNTT回線が選択肢にあがることも多いです。

NTT回線にはどのようなものがあるのか?プロバイダはどこにしたらいいのか?など紹介しています。

NTT回線の種類

NTT回線には、主にISDN、ADSL、光ファイバーの3種類の回線があります。

ISDNというのは電話回線を使用したサービスです。

電話回線を2つに分岐することで、一方は電話、もう一方はパソコンというふうに分けて使うことができます。

TA(ターミナルアダプタ)とよばれる専用のモデムを使うことで、電話もインターネットも同時に使用することができます。

インターネット速度は低速ですが、一部の地域や離島など ADSLも光ファイバーも使えないという場合に使用されてることがあります。

ISDNは、インターネットやパソコン用のサービスというわけではありません。電話と電話、電話とFAXなどインターネット用途以外でも一般的に使用されているサービスです。

またISDNのように電話線を分岐せずに 単に電話線をパソコンに繋いでインターネットに接続するサービスを ダイアルアップ接続といいます。

ADSLも電話線を使用したサービスです。

ADSL電話で使われていない帯域を使って通信を行っています。そのため電話とインターネットを同時に使用することができます。

ADSLモデムとスプリッタという機器を使います。


ADSLは、非対称デジタル加入者線の略で、上りの速度と下りの速度が異なります。受信する下りが速く、送信する上りは下りよりも速度が遅くなります。

NTTの電話線は国内のほとんどのところを網羅していますので ADSLを使える地域は非常に広いと考えていいでしょう。

ただしNTT基地局から一定の距離を超えると、インターネット速度が低下したり、使えなかったりということはあります。

光ファイバーは、NTTの電話線とは別で 光ファイバー網を使ったサービスです。

光NTT回線の中では現在 最も多く使われているサービスです。

光ファイバーは、広域に普及しているため 戸建てやマンションなどでよく使われています。

ファミリータイプとマンションタイプ・VDSLタイプの2種類に分かれます。

ファミリータイプは、光ファイバーをダイレクトに戸建てや部屋に入れて使うタイプで、マンションタイプ・VDSLタイプは、マンション内の機器のあるところまで光ファイバーを入れ そこから既存の電話線を使うタイプです。

マンションの多くは、光ファイバーを各部屋までダイレクトに入れることは基本的にできませんので マンションタイプ・VDSLタイプになります。

対応エリア

NTT回線では 光ファイバーが一番人気があります。

安定した信頼性の高い回線というのもあるのですが、NTTの電話回線を光電話に切り替えて 電話の基本料金を抑えることもできます。

使えるかどうかは、NTTに直接聞いたりWEBサイトで確認することができます。

マンションの場合、光ファイバーに対応しているかどうかは 建物によって異なりますのでNTTもしくは管理会社に確認するといいでしょう。

ADSLの場合は、基地局からの距離が一番関係しています。ADSLが使えるかどうかは NTTに問い合わせて確認します。

プロバイダ

NTT東日本・西日本は単独では プロバイダ事業は行っていません。あくまで回線のみを提供しています。

そのためプロバイダは別途選択するというかたちになります。多くのプロバイダがNTTの回線で使えるように対応しています。

例えば ぷららというプロバイダを例にとると、光ファイバー、ADSL、ISDNなどそれぞれのプランに合わせて選択することできます。

基本的に、NTTで回線のサービスを申し込みをすると 推奨のプロバイダから選べるようになっていますので、NTTとプロバイダを別々に申し込むということはほとんどありません。

電話申し込みなどで、提示されたプロバイダから選ぶことができます。

どのようなプロバイダが提示されるか?といいますと ぷらら、OCN、Biglobe、ニフティ、ASAHIネット、Exciteなどです。

開通月から一定期間 プロバイダ料金の割引を受けられることもあります。

光コラボレーション

NTTから申し込む方法とは別に プロバイダからも申し込むこともできます。

2015年からNTTが光回線の卸売りを始めたので、各プロバイダは自社ブランドとしてNTTの回線を使うことができるようになっています。

このようなプロバイダを光コラボレーション事業者といいます。

回線もプロバイダも一括して提供されるので、NTTから申し込むよりも 価格が安いというのが特徴です。

また現在 NTT回線+プロバイダという契約をしている場合は、他の光コラボレーション事業者と契約、同じプロバイダなら契約の形態を転用できることもあります。

しかし光コラボレーションモデルでは、後からプロバイダの変更はできないので、その点は注意が必要です。

プロバイダの変更

NTT回線とプロバイダは別々なので、当然プロバイダをあとから変更するということもできます。

プロバイダ変更・乗り換えといわれるものです。

乗り換える主な理由は、より安いプロバイダを使いたい、通信費を抑えたい、乗り換えないと使えないサービスがあるなど様々です。

プロバイダによっては 乗り換えや変更で 特典や割引を用意しているところもあります。

前述しましたように、光コラボレーション事業者と回線・プロバイダを契約した場合は基本的に乗り換えはできません。

即日ID・パスワード

しばしばあるのですが、引っ越しや移転、申し込みの際の不備で NTT回線の工事・開通はできているけどプロバイダがないということもあります。

こうした場合は、別途 プロバイダを申し込めば使えるようになります。

一部のプロバイダは 即日でIDとパスワードを発行しているところもあります。

インターリンク BB.excite が有名です。

固定IPアドレス

固定IPアドレスは、主にビジネス用途などで使われます。

通常のインターネット回線では 動的IPアドレスになっていますが、NTT回線では固定IPアドレスのプロバイダにすることで、動的IPアドレスではなく固定IPアドレスで使うことができます。

固定IPアドレスのサービスを提供している会社には、個人向けではインターリンクやAsahiネット、法人向けではOCNがあります。


関連情報