光ファイバー網を利用した光電話

光電話とは、光ファイバー網を使用した電話サービスです。

主に、NTTや電力会社など光ファイバーのインフラを持っている会社がサービスを提供しています。

電話単独での使用というよりも インターネット回線と合わせて利用するサービスです。

このページでは、NTTの光ファイバーを例に紹介しています。

電話回線と光ファイバー

今までの電話回線と光ファイバーは、全く別の回線、異なる回線です。

電話回線一般的な電話回線です。

電話回線の差し込み口。ここから電話器、屋外では電話線につながっています。


光ファイバー一般的な光ファイバーです。

光ファイバーはこのように電話回線とは別に屋内に入ってきます。屋外では光ファイバーの幹線につながっています。

光ファイバー終端機器

屋内に入ってきた光ファイバーは光ファイバー終端機器につながります。ONUともいいます。

ONUNTTのONU兼ルーター。

ONUは、光信号を電気信号に変換する役割があります。


パソコンLANケーブルでパソコンやネットワーク機器を繋ぎます。


電話器通常のモジュラーケーブルで電話器を繋ぎます。

ここでは2つの電話器(2回線)につないでいます。


このようにパソコンはインターネット、電話は光電話として使用することができます。今までの大元の電話線は使いません。

電話は、光ファイバー網を使いますが、通常のNTT電話交換機とは必ずつながっていますので、今までと同じように電話をかけることができます。

戸建ての場合、エアコンのダクトの部分から入線することが多いのですが、一様ではありません。事前に打ち合わせや現場調査などが行われることがあります。

マンションなどでは、構造上 一旦電話線を経由することが多いです。しかし直接光ファイバーを入線することもあります。

光電話のメリット

光電話には いくつかメリットがあります。

1.電話加入権はいらない

以前は、電話を自宅で使えるようにするためには、電話加入権が必要であったり、もしくはレンタルするということがありました。現在でもこれは残っています。

光電話ではこの電話加入権というものがありません。

加入権などなくても、新たに電話番号を取得することができます。

1.電話基本料は格段に安い

一般的な電話には 電話基本料というのがあります。

地域、個人、法人によって異なるのですが、概ね1,450円~2,500円(税抜き)です。ISDNという電話回線2つのタイプのものとなりますと 2780円~3,780円です。

光電話では、NTTを例にあげると1回線 500円になります。

もう一回線引いて 2回線にしたら 1000円です。2回線でもひかり電話は同時利用できるので 電話とFAXなど分けて使ったりすることもできます。

2回線にする場合は、新たに光ファイバーを引くというわけではなく、ONUの別のポートからFAXなどに繋ぎます。

1.通話料金も安い

一般的な電話は、市内通話や市外通話など距離に応じて料金が異なってきます。

例えば 平日の夜 3分間市内通話したとして8.5円、市外通話では 40円~90円です。

光電話では NTTを例にあげますと 昼や夜などの時間帯・距離に関係なく国内通話は一律 3分間で8円です。

一般加入電話の市内通話より安く 市外通話もかなり安いということが分かります。

4.電話番号は原則として残せる

一般の電話から光電話に切り替えた場合、電話番号はどうなるか?といいますと、原則としてその番号を残すことができます。

電話番号を変更せずに光電話へ移行できるということです。

また逆に番号を変更する、新たに取得するということもできます。電話回線がないという場合でも、光電話の番号は新規で取得できるので 電話加入権などは全く関係ないということになります。

この場合、光電話用の新しい番号を割り当てられます。NTTではいくつかの番号の候補を提示してその中から選ぶということが多いようです。

インターネット回線+光電話

このように非常にメリットが多い光電話ですが、あくまでインターネット回線との組み合わせで利用することができます。

光電話単独で利用することは、いまのところできません。

そのためインターネット利用がない、またはほとんど利用しないという場合はメリットはありません。

逆に、インターネットをよく利用するという場合は、自宅の固定電話も光電話に切り替えたほうが全体的にかなりお得になると考えていいでしょう。

インターネットをよく利用する・欠かさず利用するという世帯や会社・事業所で、 電話代が結構高い、新規に電話を引きたいという場合は検討してみる価値はあります。

なお電話やFAXなどごく一部の利用に制限があったり、光電話を提供している会社によってできることとできないことがありますので 気になることは事前に回線の会社に問い合わせするといいでしょう。


関連情報