データ救出・緊急時に活用

Windowsが起動しないというトラブルは、原因が様々です。

ハードディスクの物理障害や論理障害、ファイルシステムのエラー、ブートセクタやWindowsファイルの損壊、ウイルス・スパイウェアによるものなどがあります。

Windowsロゴ画面後のブルースクリーンや再起動、電源投入後の英字のエラー、Windows拡張オプションメニューでセーフモードでも起動しないなどの形となって現れます。

KNOPPIXとは、OSと多数のアプリケーションがまとめられたLinuxディストリビューションのこと。イメージファイルをCDやDVDに書き込み、KNOPPIXの入ったディスクからブートすることができます。

ドイツの Klaus Knopper氏が開発。産業技術総合研究所が日本語化しています。フリーでダウンロードし使用することができます。

ダウンロードとCD作成

(現在、日本語の公式サイトは閉鎖しています。)

上から2番目KNOPPIX 6.7.1 CD Japanese Edition 700MBを選択します。現在のバージョンは5.3.1 6.4.4 6.7.1で、バージョンアップのたびに高速化され使いやすくなっています。

KNOPPIX

ダウンロードにはやや時間がかかります。ダウンロードが終わると拡張子が.isoの下記のようなアイコンが表示されます。これをイメージファイルとしてディスクに書き込みます。

ダウンロード

使い方

光学ディスクの起動順位を1番目にして、KNOPPIX クノーピクスを起動します。そのまま自動で起動してきます。

起動

KNOPPIX クノーピクスのデスクトップ画面です。デフォルトでは基本的にすべてシングルクリックでHDDやフォルダを開いていきます。右クリックを活用します。

クノーピクスのデスクトップ画面

左上のKNOPPIXアイコンを右クリック→Open in New Window。

アイコン

KNOPPIXでは、パーティション単位で表示されます。

内蔵されているリカバリー領域なども、KNOPPIX上では見えることになります。

ここでは、内蔵ハードディスクが1つで、Cドライブがsda1、Dドライブがdataとなっています。2.5HDDは外付けHDD。その他 USBフラッシュメモリなども認識します。

パーティション

開きたいドライブはそのままクリックするか、右クリック→マウントする→ドライブをクリック。

マウント

デフォルトでは隠しフォルダ・隠しファイルすべて表示されます。あとは救出したいデータを探していきます。

デフォルト

救出したいデータをコピーしやすくするため、もう一つウィンドウを開きます。ファイル→新規ウィンドウ。

新規ウィンドウ

もうひとつウィンドウが開きます。

ウィンドウ

このウィンドウをコピー先にします。コピー先になる媒体を選択して同じように右クリック→マウントして開きます。

媒体を選択

マウスでドラッグ&ドロップするとコピーされます。

データを移す際もWindowsでのフォルダやファイルのコピーとほとんど同じ感覚で行います。ただしハードディスクに問題がある場合はコピー作業がうまくいかない、エラーが出るという事は考えられます。

コピー

コピーが終わり、ウィンドウを閉じるときはファイル→ウィンドウを閉じる

閉じる

KNOPPIXを終えるときは、左下アイコン→ログアウト

ログアウト

シャットダウン。

シャットダウン

動画

KNOPPIX 6.4.4を使用したデータ救出をしている動画です。動作速度はパソコンのスペックに左右されます。

下記は、旧バージョンのKNOPPIX 5.3.1での実際にデータ救出をしている動画です。KNOPPIX起動後、バックアップ先のUSBフラッシュメモリをパソコンのUSBポートにさしたところから始まります。

KNOPPIXでは、書き込みができないことがあります。

バックアップ先の媒体を右クリックして、Change read/write modeで切り替えます。読み込みのみか、書き込み可能かを選択することができます。

書き込み可能な場合は、媒体にフォルダの新規作成やデータのコピーが可能となります。

KNOPPIXが起動しない

KNOPPIXを使用しても、起動しないということもあります。

ハードディスクの物理障害や、物理障害ではなくても論理障害(Windowsファイルの破損やファイルシステムエラー)などで起動しないこともあります。またKNOPPIXが起動してもハードディスクをマウントして内部のデータを見ることができない時もあります。

この場合は、KNOPPIXでのデータ救出は難しいので、パソコンから直接ハードディスクを取り出しデータ救出を行うという方法などをとります。

文字化け

KNOPPIXを使用して救出したデータが Windowsのパソコンで見ると文字化けしているということがあります。

日本語のフォルダ・ファイル名で起きます。この場合、KNOPPIX上でフォルダ・ファイル名を変更してからデータを救出するするという方法があります。

またUSBメモリは通常 FAT32でフォーマットされていますが、NTFSにフォーマットしてKNOPPIXを使用すると文字化けを回避することができます。