電源が落ちる原因と対処法

パソコンの電源が勝手に落ちる、突然切れるというトラブルがあります。

何度もパソコンの電源が落ちる、切れるというトラブルを繰り返していると、Windowsファイルの損壊やハードディスクの不良化など、他の部分にも被害が広がりますので、できるだけ早めに対処すべきトラブルです。

考えられる原因はいくつかありますが、ハードウェアの不良、トラブルが原因となっていることが多いといえます。

原因

電力供給

パソコンに対してきちんと電源が送られていない可能性があります。

ハードディスクや光学ドライブ、各種ボードなどをパソコンに拡張していたり、CPU負荷の高い動画編集などの作業で電力供給が不足することもあります。

メーカー製パソコンや自作パソコンを問わず、パソコンに搭載されている電源ユニットには最大供給電力がありますので、それを上回る電力がパソコンで消費される場合、パソコンの電源が落ちるということがあります。

特に自作パソコンやBTOパソコンの場合は、グラフィックボードの増設で電源容量が不足するということがあります。

CPU周辺の温度上昇

CPUは、パソコンの電源を入れると温度が上昇します。

CPUにはヒートシンクと呼ばれる金属製のものや小型のファンが付いており、パソコン内に発生する熱を逃がし温度上昇を抑えています。

このヒートシンクやファンに埃が詰まっていたりすると、熱を逃がすことができず極端な温度上昇を招くことがあります。するとパソコンの電源が落ちるということになります。これはマザーボードの保護機能が働くためです。

また他に、メモリーやビデオカードの温度が極端に上昇して電源が落ちるということがあります。

負荷をかけると落ちる、一定時間使うと落ちる、時間が経つと再度電源を入れることができる、など特徴的な現象が起きるため、最も分かりやすく事例の多い原因のひとつです。

メモリー、マザーボード、電源ユニットなど

メモリー、電源ユニット、マザーボードなどの不具合の可能性もあります。

この部分の不具合の場合、パソコンの電源が落ちるというよりもはじめから電源が入らない、もしくは再起動がかかるという場合もあります。

どのハードウェアが原因になっているかは、検査したり、目視で確認するしかありません。

対処法

壁から直接電源をとる

タコ足配線をやめ、壁のコンセントから直接電源をとり、パソコンの電源が落ちるかどうか検証してみます。これによりパソコン内の問題かパソコン外の問題か知ることができます。念のため確認しておいたほうがよい項目です。

タコ足配線等、パソコン以外の原因による事例というのは非常に少ないほうです。

デバイスを外す

プリンターや外付けハードディスクなどの周辺機器をすべて外して、パソコン購入後に増設したドライブやボードの電源を一時的に抜きパソコンの電源が落ちるかどうか検証します。

自作パソコンの場合は、増設しているパーツ、例えばグラフィックボーなどを取り外して試してみます。

温度対策

デスクトップPCならパソコンのケースを開けヒートシンクとファンを見てみます。

ノートパソコンの場合、パソコンを開けるとメーカー保証がきかなくなることがあります。また機種によっては分解は困難を極めますので注意して下さい。

ヒートシンクはファンの下に付いています。ここが埃にまみれていることがよくあります。埃がべったり積もっていることが多いのでしっかり確認します。

またパソコンの電源を入れてファンがきちんと回転しているかも観察する必要があります。まれにですがファンの不良もあります。下記のような方法で温度・熱暴走対策を行うことができます。

メモリーの検査

メモリーの不良で電源が落ちるということも考えれます。

メモリー不良の場合は、電源が降りるというよりも、再起動になることが多いようです。メモリーそのものが故障していないか、検査することができます。

その他

電源ユニットかマザーボードもしくは電源ケーブルなどの不具合も可能性としては考えられます。

電源ユニットを触ってみて高温になってないか、少し焦げ臭くないか確認します。 マザーボードの場合、円柱形の電池(コンデンサ)を目視して液漏れや膨張がないか確認します。

また、メーカーサイトで電源が落ちるというトラブルに対応したBIOSアップデートがまれにあり、適用することでパソコンの電源が落ちるというトラブルが改善されることもあります。

電源ユニットの劣化や故障では、一般的に電源が入らないということが起きるため、電源が落ちるというのが、電源ユニットの問題かどうかは見極めるのが難しいといえます。自作パソコンやBTOパソコンでは、BIOSで確認する、チェッカーを用いるという方法が考えられます。