近道するアイコンを作る

ショートカットアイコンとは、近道するアイコンという意味です。

頻繁にアクセスするプログラムやフォルダがある場合は、デスクトップ上にショートカットアイコンをおいておくと、一回の操作で起動させることができます。

ショートカットアイコンの作成で、最も多いのはプログラムです。

Windows 7では、該当するプログラムのところで、右クリック→コピーを行います。

該当するプログラム

そして、そのままデスクトップの適当な場所で右クリック→ショートカットの貼り付けを行います。

ショートカットの貼り付け

Wordのショートカットアイコンが作成されます。デスクトップ上のショートカットアイコンには、矢印のマークが付きます。Wordを使いたいときは、このアイコンをクリックして開くことができます。

Wordのショートカットアイコン

Windows 10では、プログラムのところにコピーするメニューはないため、ドラッグさせて、デスクトップ上にショートカットアイコンを作成することができます。

ドラッグ

デスクトップ上のショートカットアイコン。

デスクトップ上のショートカットアイコン

ドラッグは、デスクトップ以外にスタートメニュータスクバーにも行うことができます。

スタートメニューとタスクバー

ドラッグと同じ操作として、プログラムの右クリック→スタートにピン留めする、その他から タスクバーにピン留めするがあります。

プログラムを右クリック

ショートカットアイコンを作成する目的というのは、最小の操作でプログラムやデータにアクセスすることです。そのため、作成する場所は デスクトップ上かタスクバーが多くなるといえます。

Windows 7やWindows 10のスタートメニューに表示されているプログラムのアイコンも、厳密にいえば、ショートカットアイコンです。これはプログラムの本体ではありません。

プログラムそのものは、ユーザーが通常扱わないようなプログラム用のフォルダに入っています。

Windows 10では、プログラムで右クリックした際に アンイストールの項目があります。パソコンからプログラムそのものを削除する場合は、アンイストールを選択します。しかし、一度アンイストールすると 再度使う場合 再インストールが必要があるため、この部分の操作は十分に注意・検討する必要があります。

ドライブやデータ

プログラム以外にもショートカットアイコンを作成することができます。

例えば、Dドライブのショートカットアイコンを作成する場合は、コンピュータ→Dドライブ上で右クリック→コピー。あるいは、ショートカットの作成を選択します。この場合、メッセージが表示され デスクトップ上にショートカットアイコンが作成されます。

Dドライブ

コピーした場合は、デスクトップ上で右クリック→ショートカットの貼り付けをすると、ショートカットアイコンができます。

このショートカットアイコンを開くと、Dドライブへアクセスできます。

ショートカットアイコンの作成

ネットワーク内の他のパソコンや共有フォルダも、ショートカットアイコンを作成できます。

ネットワーク

ネットワーク内のパソコン。

デスクトップ

ネットワーク内のパソコンの共有しているフォルダのショートカットアイコン。

ネットワーク内のフォルダ

リンク先

ショートカットアイコンには、リンク先というのがあります。そのプログラム・フォルダの実体がどこにあるのか調べることができます。

ショートカットアイコンの上で右クリック→プロパティ。

リンク先

ショートカットアイコンは、標識のようなものであり データの実体ではありません。アイコンを削除してもプログラムやデータが消えることはなく、必要であれば 新たに作り直すこともできます。