MP3をCDに書き込む

MP3ファイルは、音声用のファイルとして最も使われているファイルです。拡張子は .mp3になります。

MP3ファイル

パソコンでは、MP3ファイルをクリックすると再生ソフトが起動して音声を再生することができます。

パソコンの他、スマートフォン、タブレット、MP3プレイヤーなどデジタル機器で転送したり、再生することができる 汎用性の高いファイルです。

MP3のファイルを、光学ディスクであるCDで再生できるようにするためには、オーディオCDとして書きこみます。これにより、コンポやCDプレーヤー、カーステレオなどでも聞くことができます。

再生ソフト

パソコンで音声ファイルを再生するソフトとして、代表的なものに以下のものがあります。

  • Windows Medea Player
  • iTunes

これらのソフトは、音声ファイルの再生の他、オーディオCDとして書き込む機能も付いています。

単純に音楽CDを作成するときは、これらのいずれかのソフトで行う方法があります。

Windows Medea PlayerWindows Medea Player。Windows OSにはじめからインストールされています。

書き込みリストに、MP3ファイルをドラッグして書き込みします。


iTunesiTunes。iTunesはダウンロードしてパソコンにインストールします。

プレイリストにMP3を入れて、ディスクの作成を行います。


オプション設定などで、曲間に数秒の間隔、ギャップを入れたり、すべての音声ファイルの音量をある程度統一したりすることもできます。

これらの機能は、それぞれのソフトごとに異なるので適宜調整することができます。

書き込みの際に、使用する主なメディアは CD-Rです。

情報を一度に書き込む ディスクアットワンスであり、オーディオCDとしてファイナライズされるため、データファイルのように追記はできません。

ライティングソフト

パソコンには、ライティングソフトがインストールされていることがあります。

ソフトを起動させて、オーディオCD作成へ進みます。

オーディオCD作成

使い方はほとんど同じで、空白のところにマウス操作などで音声ファイルを入れて、書き込みボタンを押すだけです。

書き込みボタン

ほとんどのライティングソフトにオプション設定は用意されていて、曲間のギャップや音量調整ができます。

このように音楽CDの作成は、再生ソフトを使うか、ライティングソフトを使うかのいずれかになってきます。何度か書き込んでいると一番作成しやすい方法なども分かってきます。