光学ディスクと光学ドライブの使い方

CDやDVD、ブルーレイディスクのことを光学ディスク、光ディスクといいます。光学ディスクを読み書きするドライブのことを光学ドライブといいます。

光学ディスク、光学ドライブには、いくつか種類があります。

また、光学ドライブを使ってディスクに書き込むには、OSの機能を使う方法やライティングソフトを使う方法があります。

このページでは、光学ドライブの種類、OSやライティングソフトを使って書き込む方法について紹介しています。

光学ディスク

光学ディスクで、一般的によく使われているのは以下のものになります。

  • ROM・・読み出しのみ、CD-ROM、DVD-ROM、BD-ROM
  • R・・・書き込み可、CD-R、DVD-R、BR-R
  • RW、RE・・書き換え可、CD-RW、DVD-RW、BD-RE

ROMというのは、Read Only Memoryの略で読み出しのみです。市販されているインストールディスク、音楽や映画などマルチメディア観賞用のディスクなどは、読み出しのみ行うためすべてROMになります。

Rは、 Recordableの略で記録ができます。市販されているCD-RやDVD-Rなどがあります。バックアップ、オーディオCD作成、ISOファイル書き込みなど様々な用途で使われます。データの書き込みでは、一度書き込んでも容量が残っている場合、追記ができます。

RWは、ReWritableの略で、一度書き込んでも消去が可能です。繰り返し書き換えを行うことができます。

光学ドライブ

DVDコンボドライブDVDコンボドライブ

DVDコンボドライブは 主にCDの読み書き、DVDの読み込みができます。

DVDへの書き込みはできないドライブです。

DVDコンボドライブでは、COMPACT disc ReWritableと印字されています。CD-R、CD-RWへの書き込みができることを示しています。


DVDマルチドライブDVDマルチドライブ

DVDマルチドライブは、CDの読み書き、DVDの読み書きができます。

DVDマルチドライブでは、光学ドライブの表側に、DVD MULTI RECORDERと印字されています。DVD-R、DVD-RW、DVD-RAMへの書き込みができることを示しています。

DVDには、DVD+RやDVD+RWがあり、これらの読み書きにも対応しているドライブを、DVDスーパーマルチドライブといいます。スーパーマルチドライブには、RW DVD+ReWritableなどの印字もあります。

ブルーレイドライブブルーレイディスクドライブ

ブルーレイディスクドライブは、CD、DVD、ブルーレイディスクの読み書きができます。

ただまれにですが、ブルーレイの読み込みまでのドライブというのもあります。

上記以外では、CDの読み込みまでのCD-Rドライブ、CDの読み書きまでできるCD-RWドライブがあります。

一般的に使われているディスクでもある CD-R、CD-RW、DVD-R、DVD-RW、BD-R、BD-REでは、上記の分類となります。

パソコンのドライブの調べ方

光学ドライブを目視するか、パソコンのマニュアルを見れば、DVDコンボドライブなのか マルチドライブなのか、あるいはブルーレイドライブなのか分かります。マニュアルには、対応している光学ディスクも記載されていることがほとんどです。

また、デバイスマネージャーでもある程度知ることができます。例えば DVDマルチドライブなら DVD-RWやDVD-RAM、ブルーレイディスクドライブならBD-REとなっていたりします。

外付けの光学ドライブは、パッケージなどにどのような光学ディスクに書き込めるドライブであるか記載されています。

OSでの書き込み

Windows Vista以降のOSには、CD、DVD、BDへの書き込み機能が備わっているため、ライティングソフトを使わなくても書き込みができるようになっています。

ここでは例として、DVDマルチドライブ。空のDVD-Rを使います。

空のディスク

自動再生かマイコンピュータからドライブを開きます。

ドライブを開く

適当にディスクのタイトルを決めます。ノータイトルでも問題はありません。後から変更することもできます。

書き込み方法は、2通りあります。

  • USBフラッシュドライブと同じように使用する、ライブファイルシステム形式
  • CD/DVDプレイヤーで使用する、マスター形式

「USBフラッシュドライブと同じように使用する」は、USBメモリのように後から追加して書き込んだり、削除したり、書き込まれているデータを編集したりということができます。

「CD/DVDプレイヤーで使用する」は後から追加して書き込むことはできますが、削除と編集はできません。

ディスクの書き込み

選択して次へ進むとディスクのフォーマットが始まります。

フォーマット

空のディスクが開いている状態です。

ディスク

後は適当に データをコピーするだけです。

コピー

コピーが終わったら「セッションを閉じる」をクリックします。

フォーマット

右下にメーセージが出たら終わりです。

メッセージ

このディスクを 他のパソコンでも使用できるようになります。

「USBフラッシュドライブと同じように使用する」で書き込みを行えば、CD-RもDVD-Rも 後からデータを追加したり、WordやExcel、その他テキストなど 内容を変更して再度上書き保存することもできます。

削除と編集

CD-RやDVD-Rでもこのような書き換えができます。しかし、書き換えや削除で容量が回復するということはありません。つまり、一度使われた領域は、書き換えや削除で使うことはできなくなり、ユーザーからは見えなくなっているということになります。

この点が、追記を行えるCD-R・DVD-Rと完全な書き換えができるCD-RW・DVD-RWの違いです。

一般的に、書き換えなどの予定がある場合は、ライブファイルシステム形式、あるいはRWのディスクを使いますが、バックアップなどの用途では、書き込みが早い、編集ができないという点でマスター形式が適しています。

ライティングソフト

ライティングソフトとは、光学ディスクに書き込みを行うソフトです。OSの機能に比べると、機能がやや拡張されています。

パソコンによって、ライティングソフトがインストールされているかどうか、種類や機能は異なります。

ライティングソフト スタートメニュー→すべてのプログラムからライティングソフトを見つけることできます。


主なライティングソフトとしては、Record now、Roxio、Nero、CyberLinkなどがあります。