システム構成ユーティリティの起動

Windowsには、システム構成ユーティリティというものがあります。

Windows XP・Vista・7では、常駐プログラムの解除を行うことができます。Windows 8.1や10では、常駐プログラムの解除は、タスクマネージャーで行います。

Windows 8.1や10では主にパソコンをセーフモードの起動・解除で扱うことがあります。

使い方

左下スタート→ファイル名を指定して実行、あるいはスタートメニューにある検索窓などを利用します。

左下スタート

msconfigと入力→OK。

msconfig

システム構成ユーティリティが起動します。スタートアップというタブを選択。 Windows XP・Vista・7では、ここに常駐プログラムの一覧が表示されます。

システム構成ユーティリティ

C¥WINDOWSで始まるものは、システム関連であるため、ほとんど解除の対象になりません。

必要なプログラムも含まれています。そのため、無効化して次回起動したときに、一部のプログラムが動作しないことがあります。その場合、再度チェックを入れ直すことが可能です。

マウスを当てて動かすことができます。解除したい常駐プログラムのチェックを外したら適用→OK。

マウスで動かす

パソコンを再起動させます。

再起動

常駐プログラムを解除するという操作は、ある程度そのプログラムが何であるかを理解しながら進める必要があります。

タスクバー右端にあるタスクトレイのアイコンをタブルクリックや右クリックして開くと、メニューや設定、ツールという項目があり、「Windows起動時に常駐する」などの項目があれば次回起動時から停止させることができます。

常駐プログラムのいくつかは、アップデートを行う機能を持っているため、チェックを外したまま使い続けるのは望ましくないものもあります。

逆に全く使っていないアプリケーションと分かっているなら、常駐プログラムの解除というよりも、プログラムの削除から該当のソフトウェアを削除することもできます。

Windows 8や10では、常駐プログラム・スタートアップの項目は、タスクマネージャで操作するようになっています。

タスクマネージャーを起動させて、スタートアップの項目から常駐しているプログラム上で右クリック→無効化。

タスクマネージャー

プログラムそのものを削除するわけではなく、有効化に切り替えることもできるので比較的 安全に操作できます。

セーフモード

Windowsの使用で、トラブルが生じたときや原因を探るというときに、セーフモードを使うことがあります。

ブートのタブで、セーフブートにチェックを入れ、パソコンを再起動させるとセーフモードで起動します。

ブート

通常の起動に戻す場合は、再度システム構成ユーティリティに入り、セーフブートのチェックを外して、パソコンを再起動させます。