msconfigを利用する

常駐プログラムとは、パソコンを使っている間 常に動いているプログラム、ユーザーの意志に関わらず常に起動しているプログラムです。常駐ソフトともいいます。

常駐プログラムは、パソコンやネットワークの状態の監視、アップデートの有無の確認と通知、基本的なアプリケーションの待機など重要な役割があります。

例えば、セキュリティ対策ソフトや言語バーは、常駐プログラムの代表的なものになります。

しかし、使用していないアプリケーションが常駐して、パソコンのパフォーマンスを低下させているということもあります。

常駐プログラムは、主にタスクトレイに表示されています。起動していてもタスクトレイに表示されないものもあります。

常駐プログラムを解除・停止する場合、まず右下タスクトレイのアイコンをクリックして、それが何であるか把握することが大切です。

タスクトレイのアイコンをタブルクリックや右クリックして開くと、メニューや設定、ツールという項目があり、「Windows起動時に常駐する」などの項目があれば次回起動時から停止させることができます。

もしそれで解除できないというようであれば msconfigを利用することになります。

XP

左下スタート→ファイル名を指定して実行をクリック

左下スタート

msconfigと入力→OK ※入力は半角でします

msconfig

システム構成ユーティリティというのが開くので、スタートアップというタブを選択。 ここに常駐プログラムの一覧が表示されます。

システム構成ユーティリティ

必要なプログラムも含まれています。そのため、無効化して次回起動したときに、一部のプログラムが動作しないことがあります。

その場合、再度チェックを入れ直すことは可能です。プログラムの削除をするわけではありません。

下の画像の赤丸部分をドラッグして右にずらしたり、スクロールバーを使うとその常駐プログラムが何であるか見えてきます。デスクトップ上の広告や使わないツールなどもこの中に隠れていることがあります。

もともと購入時のパソコンにインストールされていたソフトや後からインストールしたフリーソフトなど、全く使用していないプログラムが常駐プログラムとして表示されていることもあります。

探し当ててチェックを外していきます。

赤の部分にマウスを当てて動かすことができます。解除したい常駐プログラムのチェックを外したら適用→OK→再起動。

チェックを外す

パソコンの再起動後はメッセージが表示されますが、チェックを入れて閉じるだけです。

メッセージ

C¥WINDOWSで始まるものは、システム関連なので解除しないほうがいいです。

この常駐プログラムを解除するという操作は、ある程度そのプログラムが何であるかを理解しながら進める必要があります。

常駐プログラムのいくつかは、アップデートを行う機能を持っているため、チェックを外したまま使い続けるのは望ましくないものもあります。

逆に全く使っていないアプリケーションと分かっているなら、プログラムの追加と削除から削除することもできます。例えばフリーソフトやメッセンジャーソフト、期限切れのセキュリティ対策ソフトなどがあげられます。

Vista、7

スタートメニューの検索窓に msconfigと入力し、msconfig.exeを起動させます。

7

Windows 8.1、10

Windows 8や10でも msconfigは利用できるのですが、常駐プログラムを管理しているスタートアップの項目は、タスクマネージャで操作するようになっています。

タスクマネージャを起動させて、スタートアップの項目から常駐しているプログラム上で右クリック→無効化。

タスクマネージャ

プログラムそのものを削除するわけではなく、有効化に切り替えることもできるので比較的 安全に操作できます。