デジタル機器で使われるメモリーカード

メモリーカードは、パソコンやデジタルカメラ、スマートフォンなどで使用されます。カードタイプの記憶デバイスです。

主に使用されるカードには、以下のものがあります。

  • SDカード・・デジタルカメラ全般
  • micro SDカード・・スマートフォン、車載器など
  • メモリースティック PRO DUO・・ソニー製デジタルカメラなど
  • CFカード・・デジタル一眼レフカメラ全般

メモリーカードは種類が多いのですが、最近では使用されるカードも限られつつあります。

このページでは、主なメモリーカードの種類、容量、使い方について解説しています。

SDカード

SDカードSDカードは、デジタルカメラやデジタルビデオカメラなどで最も使用されるカードです。

容量は、16GB~128GBが主流となっています。


SDカードには種類があり SDカード、SDHCカード、SDXCカードがあります。容量や転送スピードが異なります。

  • SDカード・・2GBまで
  • SDHCカード、・・4GB~32GB
  • SDXCカード・・64GB以上

CLASSといわれる転送スピードの違いがあり、CLASS2、CLASS4、CLASS6、CLASS8、CLASS10があります。CLASS10が一番速くなります。

例えば SDカードをSDXCに対応したデジカメに付けると動作しますが、逆にSDXCカードを古いデジカメなどに付けても 正しく動作しません。

  • SDカード対応機器・・SDカードのみ
  • SDHCカード対応機器・・SDカード・SDHCカード
  • SDXCカード対応機器・・SDカード・SDHCカード・SDXCカード

機器側、ホストデバイスの対応を確認する必要があります。

micro SDカード

micro SDカードmicro SDカードは、主にスマートフォンやタブレットで使われているカードです。

他にドライブレコーダーなどの車載器でも使われています。

容量は、16GB~256GBが主流となっています。


スマートフォンやタブレットにはこのカードがもともと内蔵されていることがあります。

SDカードと同じく、容量や転送スピードが異なります。

  • micro SDカード・・2GBまで
  • micro SDHCカード・・4GB~32GB
  • micro SDXCカード・・64GB以上

容量や転送スピード CLASS、対応機器に関しては SDカードと同じです。Micro SDカードには SDカード変換アダプタが付いていることがあり、SDカードとして使用することができます。

メモリースティック PRO DUO

MS PRO Duoメモリースティック PRO DUOは、ソニー製のデジタル機器で使用されます。


ソニーが主導して開発規格で メモリースティック、メモリースティック DUO、メモリースティック PROなどいくつかの規格を経て、現在では メモリースティック PRO DUOが最もよく使用されています。MS PRO Duoともいいます。

メモリースティック PRO DUOをより高速化したものが メモリースティックPRO-HG Duo、小型化したものが メモリースティック マイクロ (M2)です。

ソニー製のデジタルカメラなどでは、メモリースティック PRO DUOとSDカードの両方が使えるようになっていることがあります。そのため、必ずしもメモリースティック PRO DUOだけしか使うことができないというわけではありません。

CFカード

CFカードは、デジタル一眼レフカメラやHDビデオカメラなど 高性能・多機能なカメラで使用されるカードです。コンパクトフラッシュカードともいいます。通常のデジタルカメラで使われることはありません。

カードサイズが 4×3センチで他のメモリーカードよりも大きく、転送速度も速くなります。容量は 4GB~128GBまで幅広くあります。

カードスロット

パソコンやプリンターには、メモリーカードを取り付けるスロットがいくつか用意されていることがあります。

どのカードに対応しているかについては、そのパソコン・機器によって異なります。

カードスロットカードスロットがある場合、使用頻度が高い SDカードは標準的に用意されていることが多くなっています。


ただ前述のように、SDカードには SDカード、SDHCカード、SDXCカードと種類があるため、どのカードまで対応しているかによって違ってきます。

やや古いパソコンでは、SDカードのみの対応、SDHCカードまでの対応のことが多くなります。この場合 比較的新しい SDHCカードやSDXCカードを取り付けても正しく動作しません。

故障したりフォーマットを要求されることもあるので、注意が必要です。これはパソコンだけに限らず、デジタルカメラ・デジタルビデオカメラで使う場合も同様です。

SDカードの場合は特に、機器側の確認が重要になります。

カードリーダー

パソコンにカードスロットがないという場合は、外付けや内蔵のカードリーダーを増設することで対応することができます。

カードリーダー外付けのカードリーダーは USB接続です。

内蔵のカードリーダーは、自作パソコンなどで使います。


いずれの場合も、使用しているカード・取り付けたいカードに対応しているかどうかを確認した上で、カードリーダーを選択します。

交換

デジタルカメラなどで高解像度の写真を撮ったり、動画を撮影すると、もともと使用しているカードでは容量が不足することがあります。

交換の際は、今使用しているカードと同じ種類のものを選べば問題ないでしょう。

SDHCやSDXCに変更したいときは、機器が対応しているかどうか確認します。取扱説明書などに記載されていることがほとんどです。

メモリーカードは、近年 大容量化しつつあるデバイスのひとつです。