移動とコピーの方法

ファイルやフォルダのコピーや移動は、必ずといっていいほど行います。

理由のひとつとしては、データのバックアップがあるためです。そして、デジタルカメラなどの外部機器からデータを移す際にもよく使われます。

このページでは、ファイルやフォルダの移動とコピーの方法について紹介しています。

タスクを利用する

データを選択した状態で、左上の整理→コピー。

整理

あとはどこかで適当に右クリック→貼り付けします。

貼り付け

右クリックコピー→貼り付け

右クリック コピー→貼り付けも使いやすいです。対象のファイルやフォルダ上で右クリック→コピー。

右クリック

コピー先で右クリック→貼り付け。

貼り付け

コピーされました。

コピー

トラッグ&ドロップ

マウスの左クリックを使用してトラッグ&ドロップし移動やコピーを行います。この場合、原理原則があります。

同じドライブ間では移動になり、別のドライブ間ではコピーになるということです。

どういうことかというと同じCドライブのフォルダとフォルダを開いて何かのファイルをトラッグ&ドロップした場合、必ず移動になります。

またCドライブから別のドライブ例えばDドライブやUSBフラッシュメモリ、外付けハードディスクなどにトラッグ&ドロップした場合は、必ずコピーになります。

トラッグ&ドロップ

ドラッグ&ドロップ(右クリック)

マウスの右クリックを押したまま、フォルダやファイルを移動させると、右クリックを離したときに移動やコピーが選べます。

マウスの右クリックしたままフォルダを掴み、該当のドライブへもっていきます。

右クリックを押したまま

移動先やコピー先にしたい場所に持ってきたら、右クリックを離します。するとメニューが表示されます。

選択

切り取り→貼り付け

切り取り→貼り付けは、フォルダやファイルを移動させるときに使います。

具体的な例であげると、CドライブからDドライブへデータを移したい、デジタルカメラのSDカードなどから、パソコンへデータを移動させたい時などです。つまり、異なるドライブ間でデータを移動させたいときに使います。

ファイルやフォルダ上で、右クリック→切り取り。

切り取り

切り取りしたファイルやフォルダが半透明になります。

半透明

貼り付け(移動)させたい場所で、右クリック→貼付け。

貼り付け

貼り付けされます。切り取り→貼付けは移動になるため、もともとあった場所にはファイルやフォルダはなくなります。

移動

切り取り→貼付けを途中で中断したい場合。このとき切り取りしたフォルダは半透明のままです。

元に戻す時は、デスクトップ上などで右クリック→最新の情報に更新をクリック、F5キーを押す、キーボード左上のEscキーを押す、このいずれかの操作を行います。

Escは、エスケープの略で脱出の意味です。操作を中断したり、途中から元に戻るときにしばしば使われます。

最新の情報に更新

半透明になっていたファイルやフォルダは、元の状態に戻ります。