機能の追加とセキュリティの強化

パソコンは、WindowsというOSが入っていることで、インターネットやメール、各種ソフトウェアの操作、周辺機器の動作などが可能となっています。

しかしWindowsもやはり完全ではなく時が経つとともに、後から不具合や欠陥、セキュリティ上の問題点が発見されます。

これを補うのが Windows Updateです。

Windows Updateは、インターネット環境があれば何度でも実行できます。インターネットを利用して修正・追加されたプログラムをダウンロード・インストールします。

Windows7、8では、コントロールパネル、Windows10では、設定からWindows Updateの実行や設定を行うことができます。

IE

インターネットを閲覧するときに使用されるブラウザである IEもWindows Updateで提供されています。

いつのまにかブラウザの見た目が違っていた、インストールされていたということもあります。

IEも最新版であるほど機能の追加やセキュリティの強化は行われています。ホームページの閲覧スピードも最新版の方が速い傾向があります。

最新バージョンは XPならIE8、VistaはIE9、7・8はIE11となります。

サービスパック

サービスパックとは、Windowsのアップデートのたくさんのファイルをひとつにまとめたものをいいます。

そのOSのバージョンと考えていいでしょう。例えば、Vista SP2、Windows 7 SP1などです。

Windows 8は サービスパックという言い方はしませんが、アップデート版は Windows 8.1になります。

サービスパックは常に最新の状態で使用することが推奨されています。

サービスパックを適用することで、パソコンのコピー速度や動作速度が改善するということもあります。

また最新ではないサービスパックでは、いろいろと不具合が起きたり、ソフトをインストールできないということもあります。

Windows Updateで、最新のサービスパックをダウンロード・インストールすることができます。

サポート期間

OSは、サポート期間というものがあります。

これは、マイクロソフトが更新プログラムを提供する期間のことです。Windows Updateが行われる期間ということになります。

サポート期間が過ぎたOSというのは、突然使えなくなったりするわけではないのですが、更新がなくなりセキュリティ上の問題が残ったままになるので、使用するのは望ましくありません。

厳密にいうとサポート期間には2種類設けられています。メインストリームサポートと延長サポートというものです。

  • メインストリームサポート・・機能の追加、仕様変更、新機能のリクエスト、セキュリティ更新プログラム
  • 延長サポート・・セキュリティ更新プログラム

一般的なパソコンの使用においては、セキュリティ更新プログラムがあれば特に問題はないので、延長サポート期間であれば普通に使用できます。

OS

現在使用されている 各OSの延長サポートの期限は以下になります。各OSとも全エディションを含みます。

  • 7・・2020年1月14日
  • 8・・2023年1月10日
  • 10・・2025年10月14日

XPとVistaは、すでにサポート期限が過ぎています。

その時その時の市場の動向に合わせて変更は行われているので、場合によっては今後も延長サポートの期限が変更になる可能性もあります。

Office

OS以外にもマイクロソフトの製品として、Officeがあります。Officeも更新プログラムの提供は行われています。

各Officeのサポート期間(延長サポート期限)は以下の通りです。

  • Office 2010・・2020年10月13日
  • Office 2013・・2023年4月11日
  • Office 2016・・2025年10月14日

Office 2003と2007は、すでにサポート期限が過ぎています。