ソフトウェアのアップデート

アップデートとは、和訳すると新しくする、最新のものにするという意味です。

インターネット、メール、プリンター、セキュリティソフト、ワード・エクセルなどパソコンで何かをするときは、必ずソフトウェアを使っています。これらは後になって、欠陥である バグや不具合、セキュリティ上の問題点が見つかったり、機能の追加が必要になることがあります。

そこでインターネットを使い、修正ファイルや追加ファイルを入手して最新の状態にします。

ソフトウェアは大別すると、以下のようなものがあります。

  • 基本ソフトウェア、OS(Windows)
  • 応用ソフトウェア(OS以外)
  • ドライバ
  • ファームウェア

一般的によく知られているのは、OSのアップデートである Windows Updateや応用ソフトウェアのアップデートです。他にハードウェアをOSに認識させて動作させるドライバや、プリンター、ルーターなどの機器に内蔵されているソフトウェアであるファームウェアにもアップデートが用意されていることもあります。

Windowsのアップデートは、Windows Updateとして有名で特に重要です。

Windows Update

ソフトウェアのアップデート。自分でアップデートの有無を確認することもできます。

アプリケーション

パソコンメーカーのアップデート。ソフトウェアやドライバのアップデートなどがあります。

パソコンメーカー

セキュリティソフトのアップデート。ソフトウェアそのもののアップデートの他、新しいウイルスに対応するための ウイルス定義ファイルのアップデートもあります。

セキュリティソフト

ルーターやパソコンを構成している機器は、ファームウェアというプログラムを内蔵していることがあります。アップデートは、ファームウェアの更新ともいいます。

アップデートは自動で行われることもあれば、自分で確認して行うこともあります。

ファームウェア

このようにソフトウェアにはアップデートがあり、それぞれのソフトウェアや機器によってアップデートの方法は多少異なります。