ケースファンの仕組みと取り付け

自作パソコンやBTOパソコンのPCケースには、ケースファンが付いてます。

もともとPCケースにファンが付属していることがほとんどですが、PCケースによってはファンが付いていない、あるいは故障して動作していないということもあります。

ここでは、ケースファンの基本的な仕組みと電源の配線について 実例を交え解説しています。

吸気と排気

ケースファンは、パソコン内部に空気の流れを作り、内部の熱を排出するという働きがあります。

CPUやグラフィックボード、HDDは発熱しますので、もしケースファンがない場合は内部に熱がこもることになります。

ファンには、吸気排気というものがあります。吸気は 空気を吸収することで、排気は 空気を排出することです。

ファンには通常、ファンの回転方向と空気の流れが小さく記されています。

ファン←AIR FLOW、ROTATION↑。


空気の流れとファンの回転方向つまり空気の流れは右から左で、ファンの回転方向は↑の方向となります。


一般的に、ファンのメーカーやロゴのシールが貼られている方や配線が見えるほうが空気が出てくる側、排気側になります。

これはほとんどのファンでこのようになっているので、覚えやすいです。

シールや配線シールが貼られている方や配線が見えるほうが空気が出てくる側、排気側と覚える。


そのためケースに付いているファンは、ぱっと見ただけで吸気か排気か知ることができます。

ケース背面シールや配線が見えるほうがケース外側にあるのがわかります。空気が排出される側、排気側になります。


排気ケース背面のリアファンは、ほとんどが排気になります。


それでは、ケース前面のファンはどうなっているのでしょうか?

ケース前面ハードディスクのベイに隠れていることもありますが、通常はシールが見えるほうがケース内側に見えます。


取り込みケースの外側からパソコン内部に空気を取り込んでいるということが分かります。

フロントファンは吸気になります。


ケースによって多少異なることもありますが、一般的にはケース前面・フロントファンから空気を取り入れ、ケース背面・リアファンから空気を排出するという仕組みになっています。

PCケースPCケースはこういう空気の流れを想定してファンを取り付けていることがほとんどです。



大きさ

ケースファンは、横 8cmや12cm、厚さ2.5cmが主流です。

ミニタワー、ミドルタワーのケースでは、横 12cm、厚さ 2.5cmが一番多く採用されています。

大きさネジ穴よりも少し外側を図ると、どの大きさのケースファンを使えば分かります。ここではケース背面 リアファンは12cm。


他に、9cmや9.2cmもあります。メーカーによって表記が異なるだけで、実際は9.2cmで ネジ穴も同じです。

よく使われるネジ

ケースファンを固定するネジは、テーパーネジとよばれるものが使われます。

テーパーネジテッパーネジ。

動作しているファンの振動を抑えるため、通常のネジより閉めるときは硬いです。


ゴム製ゴム製のプッシュピンタイプ。


ネジセットナットやワッシャー、ネジがセットになったもの。

フィルター

ケースファンとケースにフィルターを挟むことで、埃の侵入を防いだりすることができます。

埃の侵入は、主に吸気であるケース前面からになりますので、フィルターはフロントファンに使用すると効果的です。リアファンに付けることもできます。

フィルターアルミ製のフィルター。水洗いできます。

配線

ケースファンは電力で駆動しますので、電源配線は必要です。

ケースファンには、主に2通りの配線方法があります。ファン用の3ピン電源ペリフェラルコネクター(汎用4ピン)での接続です。これはPCケースに付いているファンによって異なります。

3ピン電源ファン用の3ピン電源

マザーボードと接続して電源を取ります。3ピンの構成は+電極とー電極、ファンから出力される回転数信号の3種類です。


マザーボードマザーボードの3ピン電源コネクタ。

MicroATXのマザーボードでは、1箇所、ATXのマザーボードでは2箇所以上あることが多いです。CHA_FANなどの表記です。


ペリフェラルコネクターペリフェラルコネクター(汎用4ピン)。

電源ユニットの4ピン電源と接続します。

回転数の確認

ケースファンを3ピンで接続すると、ファンの回転数を知ることができます。3ピンで接続した場合のメリットはこの点がひとつあげられます。ペリフェラルコネクターの接続では知ることはできません。3pin→ペリフェラルコネクターの変換では見れる場合もあります。

BIOSのハードウェアモニターなどで、chassis(シャーシ)fan speedなどの項目に回転数が表示されます。

BIOS

他にフリーソフトなどでのハードウェア監視ツールなどでも、ケースファンの回転数などを把握できるようになります。(下記ソフトでは SYSFANINがケースファン)

フリーソフト

4pin PWM仕様とあるケースファンは、マザーボードが対応していればケースファンの回転数を温度や好みに応じて変更できるようになっています。

実際の取り付け

ここでは例として ケースファンを取り付けた例を紹介します。

フロントファンは付いているが、リアファンが付いていないPCケース。

リアファンが付いていないPCケース

フロントファン

フロントファン

リアファンを取り付ける場所。

リアファン

今回取り付ける12cm ケースファン。

ケースファン

ケースファンは3ピン電源です。他にネジとペリフェラル電源にもつなぐことができる3pin→ペリフェラル電源変換コネクタが付いています。

付属品

まずはネジ穴をあわせて手でおさえます。

ネジ穴と合わせる

固定向きがよくわからない場合は、シールの文字がななめにならず、きれいに見えるようにします、

シール

付属のネジで固定します。4箇所を仮留めして、1箇所づつ留めていくのがポイントです。

固定にやや力を加えることもあるのですが、羽根の部分を手で抑えないことです。できるだけ縁の部分を抑えます。力が加わり羽根が曲がったり折れたりすることもあります。

ネジで留める

マザーボードのCHA_FANのところに3pin電源をつなぎます。4pin対応のマザーボードでは、3pinは基本的に右詰めできちんとハマるようになっています。

CHA_FAN

配線はファンに回しこんですっきりすることができます。

配線

実際にパソコンの電源を入れて、ファンが動作するか確認します。回転中です。

ファンの動作確認

BIOSで確認してみると、1030回転で回転していることが分かります。

BIOSで確認

Windows上でフリーソフト HWMonitorを使って確認することもできました。ここではSYSFUNINの項目がケースファンの回転数です。

フリーソフトで確認

フィルターをはさむ

少し見にくいですが、フィルターをはさんでみました。ケースファンとケースの間に挟んでネジ留めします。

フィルターをはさむ

フィルターが付くことで、埃がどのくらいたまるか分かり、外からの埃も多少防いでくれます。

ケース背面から


ケースファンの選び方

ケースファンを取り付けるというのは、やはりリアファンかフロントファンのいずれかが付いていない、あるいは故障して動作していない場合でしょう。

パソコン内部に熱がこもり、パソコンパーツが熱にさらされると 各パーツの故障する可能性を高めるといわれています。

CPUやグラフィックボード、HDDなどの温度が高く、なおかつファンが取り付けられていないという場合は、検討すべきといえます。

ケースファンはいくつかのメーカーが出しています。有名なところでは サイズ、ENERMAX、アイネックスなどがあります。

ケースファンの大きさ(12cm、9.2mm、8cmなど)、静音性、PWM仕様かどうか、回転数などを基準に選ぶことが多いようです。

Amazon ケースファンのベストセラー