回線とプロバイダは別々に考える

インターネットをするには、インターネット回線とプロバイダの契約が必要となります。

通信インフラとしての回線と認証をするためのプロバイダ、と別々に考えることができます。

このページでは、インターネット回線とプロバイダの違い、またそれに関係するFVNOやMVNOについて実例を交えて解説しています。

道路と関所

回線とプロバイダにはそれぞれ役割があります。

インターネット回線というのは、文字通り回線です。情報のやり取りをどういう回線で行うか、どの会社のものを使うかというものです。

例えば、目的地まで車に乗って行くとして道路を使いますが、その道路だといえます。

回線

光回線、ADSL、CATVなどありますが、それぞれいろいろな道路を使用していると考えることができます。

さて、しばらく道路を進むとインターネットという仮想空間が広がっているとします。

このインターネットへの入り口で IDパスワードを発行している会社がプロバイダです。ISP インターネット・サービス・プロバイダといいます。

例えば映画館に入るにしても、遊園地で遊ぶにしても入場券が必要になります。誰でも自由に入れるというわけではありません。

インターネットも同じで、IDとパスワードを発行してもらった人だけが入れるようになっています。

インターネットをしているというのは、まず回線があり、プロバイダにIDとパスワードを発行してもらっているということになります。

回線事業者とプロバイダ

具体的には以下のような回線事業者やプロバイダがあります。

インターネット回線

  • NTT東西・・光・ADSL
  • KDDI・・光
  • 電力会社・・光
  • CATV・・光・ケーブルテレビ回線
  • WiMax・・無線

プロバイダ

  • ぷらら
  • OCN
  • So-Net
  • DION
  • ピカラ

近年は、光ファイバーが多く使われるようになってきています。

戸建やマンションでは光回線を宅内に引いたり、マンションの1Fまで光でそこから部屋までは電話回線というパターンもあります。Fiber To The Home、FTTHともいいます。

ADSLというのは 従来の電話回線でADSL信号を使って行う、比較的高速なインターネット回線です。光回線の普及で、ADSLは少なくなってきています。

次に多いのがケーブルテレビです。全国的に展開し代表的なところはJ-COMになります。

また各地域にもケーブルテレビ会社はあります。ケーブルテレビ回線は、幹線は光で宅内までは同軸ケーブルを使用することがあります。

また、無線でも高速な通信が可能となってきており、使用できるエリアも増えていることから Wimaxなどの回線もよく使用されるようになってきています。

選択と固定

回線にプロバイダを組み合わせてインターネットを始めることができますが、プロバイダは国内に何百社もあります。

回線とプロバイダという関係を分かりやすく示しているのが、NTTの光回線やADSL回線です。

同じNTTの光を利用していても、それぞれ利用者によって契約しているプロバイダは違ってきます。ある人はぷらら、ある人はOCN、ある人はSo-Netなどのようになります。

回線の契約時に 事前に対応しているプロバイダから選べるようになっていることもあれば、自分でプロバイダだけ別途申し込むということもあります。

NTTはインターネット回線事業者としては、選択できるプロバイダの自由度が非常に高いといえます。

電力系の光回線の場合は、回線事業者が回線とプロバイダを兼ねていることがほとんどです。

予めすでに回線とプロバイダがセットになっているので、プロバイダを別に選ぶということはほぼありません。例えば 関西電力系のケイオプティコムなら eonet、四国電力系のSTNetなら ピカラ、九州電力系のQTNetなら BBIQがプロバイダになります。

ケーブルテレビも電力系と同じです。回線とプロバイダの両方をセットにして提供しています。

例えば、J-COMなら プロバイダは必ずJ-COMです。

地域のケーブルテレビ会社でも同じで、回線だけケーブルテレビでプロバイダが別会社ということはほとんどないでしょう。

FVNO

これまで、NTTの光ファイバー網はNTT東西のみが使っていたのですが、2015年からプロバイダ・電気通信事業者に「卸売り」を開始しています。

これにより、これまでインフラを持たなかったプロバイダが光ファイバーを回線として持つことができるようになり、自社のプロバイダ事業と一括して自由な料金設定や割引サービスを提供しています。

このような形態を光コラボレーションモデルといい、サービスを提供する事業者を光コラボレーション事業者、FVNO(仮想固定通信事業者)ともいいます。

例えば、ドコモ光、OCN光などがあります。光コラボレーションモデルでは、回線とプロバイダは同じ会社になります。

MVNO

インターネットでは、有線の他に無線の通信網もあります。代表的な回線にWimaxやWimax2、LTEなどがあります。

Wimax、Wimax2というのは正確には無線の通信規格のことをいいます。回線の管理はUQコミュニケーションが行っています。

プロバイダを UQコミュニケーションズにすることもあれば、他のプロバイダ 例えばNiftyやBiglobeにすることもできます。

UQコミュニケーションがWiMAXネットワークをプロバイダに開放し、プロバイダが料金設定、機器の貸出などのサービスを提供しています。

このようなプロバイダを MVNO(仮想移動体通信事業者)といいます。

スマートフォンは、主にLTEの回線でインターネットを使用しています。

スマートフォンでデータ通信をしているということは、その携帯電話会社のプロバイダを使っていることになります。携帯電話網からインターネット網に入る際に APN(Access Point Name)で認証を行っています。

LTEのMVNOというのも、携帯電話各社のLTEを使ってサービスを提供しています。MVNOでは、回線とプロバイダは同じ会社になります。

認証

回線とパソコンをつないでいるものに 回線終端機器、モデム、ルーターなどがあります。

光回線では回線終端機器 ONU、ADSL回線ではモデム、CATV回線ではケーブルモデムが使われます。これらの機器があることでインターネットへの準備が整います。

設定は、基本的にルーターに行います。プロバイダのIDとパスワードを入力するので、認証ともいいます。これでインターネットに入ることができます。

NTT NTT光回線のONU兼ルーター。ログインしてプロバイダのID・パスワードを設定します。


CATV CATVでは ケーブルモデムをつなげばインターネットにつながるということも多く、必ずしも設定が必要というわけではありません。

モデムそのものが認証を行っていると考えることができます。


モバイルルーターWimaxやLTEでは、主にモバイルルーターという機器を使います。

SIMカードに設定が書き込まれており、電源をONにするとすぐに使えることほとんどです。


これらモデムやルーターは 回線事業者からの貸出が一般的です。モバイルルーターの場合は機器を購入することもあります。

ベストエフォート型

インターネット回線は、すべてベストエフォート型になります。最大値でこのぐらいの能力がある、許容度がある、耐性があるという意味です。

またデータは、パケットという小さなサイズに分割されて送受信されています。パケット通信形式といいます。

例えば、車で道路を進んでいるとします。車が少なければ、スムーズ進むことができますが、信号があったり、脇道から車が出てきたり、曜日・時間帯によって車が増え速度が落ちたり、渋滞することもあります。

インフラとしては、そのぐらいの速度を許容できるようになっているが、実際は複数のユーザーで共有して使っているのでそうはいかない、通信量、トラフィックによって左右されるということです。

ベストエフォート型というのは、あくまで理論値・最大値であり、速度が保証されるものではありません。

対応状況

回線やプロバイダを選ぶ際は、その回線の信頼性、プロバイダのサービス、光電話の有無、CATVとのセット、コスト、外出先での利用など基準となるのは その人その人で異なってきます。

まずは、今住んでいる自宅やマンションにどういう回線が対応しているのかを調べることも大切です。

NTT・電力系の光やケーブルテレビの回線がそもそも引けるのかどうか?マンションが対応しているのかどうか?またモバイル回線なら対応エリアなのかどうか?などです。どの回線が使えるのかという対応状況を把握して、実際の比較・検討に入ります。

回線スピード・安定感・光電話なら、NTT+プロバイダ、電力系、光コラボレーション事業者。ケーブルテレビもよく見るというのなら CATV。コスト重視なら回線とプロバイダがセットになっている電力系やCATV、光コラボレーション事業者、外出先・屋外での利用や引っ越しが多いなら Wimaxなど様々です。

キャリア

回線・プロバイダの選び方としては、他に現在自分が使用している携帯電話・スマートフォンのキャリアに合わせるという方法もあります。

光コラボレーションモデルでは、携帯電話との組み合わせて通話料や基本料金が割引となるサービスもあります。

例えば auならKDDI光、@Nifty光、docomoならドコモ光、ソフトバンクならソフトバンク光、nuro光などです。

また J-COMは KDDIの子会社なので、auならJ-COMにすることで基本的に割引をうけることができるようになっています。

割引となる場合の条件なども多少ありますが、確認したほうがよい点になります。

窓口

実際にインターネットを申し込む際、CATVや電力系など回線もプロバイダもセットになっているところは、窓口はひとつです。

NTTやWimaxが回線とプロバイダで分かれています。

例えば NTTに連絡して申し込みをすれば、NTT側で推奨のプロバイダをいくつかすでに用意しています。そのなかから自分の好きなところを選ぶことができます。

逆にプロバイダを通して申し込みもできます。つまりFVNOへ申し込むということです。プロバイダの申し込みと同時に、NTTの回線手続きも一緒に進めてくれます。

またWimaxの場合も同じで、窓口などで申し込めばどこのプロバイダにするか選ぶことができます。基本的には、UQコミュニケーションズやその窓口指定のプロバイダになることが多いようです。

通常は回線の会社で申し込みます。ただプロバイダから申し込みをすると、工事費無料や無料期間など特典や割引が用意されていることがあります。

IDとパスワード

このように回線とプロバイダというのは、基本的に別々になります。

家にあるモデムやルーター、配線などは回線事業者の管轄になります。NTTの場合は ルーターのIDやパスワードの記載されている用紙があります。一方、インターネットをするために必要なIDとパスワードが記載された用紙もあります。これはプロバイダの管轄です。

インターネットをしているということは、こうしたIDやパスワードの発行済ということになります。

双方とも、ログインや再設定の際に必要になるので、関係している書類は無くさないように大切に保管しておきます。