ドメインは、範囲・領域を表す

ドメインとは、和訳すると範囲、領域という意味です。

ブラウザを立ちあげてホームページを閲覧すると、アドレスバーにホームページのアドレスが表示されます。

アドレスバー

全体の文字列、http://www.yahoo.co.jp/のことをURL、あるいは URIといいます。

httpは、スキーム(用いられる通信プロトコル)、wwwは、慣習的にWebサーバーのことを指しています。www.yahoo.co.jpの部分を、FQDN 完全修飾ドメイン名といいます。

一般的に、yahoo.co.jp の部分をドメインといいます。

ドメインは、ホームページやメールを利用するにあたりの住所のような役割があります。

トップレベルドメイン

どのドメインも末尾は、.com .net .org .biz .jp などで終わるようになっています。これをトップレベルドメインといいます。

トップレベルドメインは大きく分けて2つあり、.com .net .org .bizなどを汎用トップレベルドメイン、jpを国別トップレベルドメインとしています。

国別トップレベルドメインである jpに属性を付けるものもあります。co.jp、ac.jp、 ne.jpなどです。属性型jpドメインといいます。

yahoo.co.jpは、属性型jpドメインです。co.jpは会社組織を表す代表的なドメインであり、よく使われています。他に教育機関なら ac.jpなどがあります。

また、ドメインに英字(a~z)、数字(0~9)、ハイフン( - )などの文字列を組み合わせます。例えば、yahooは、co.jpの手前に付けられます。

このようにドメインは、まずトップレベルドメインが中心となります。トップレベルドメインの前に固有の文字列が付されることで、重複しないドメインが存在しています。

ディレクトリ

ドメインの後に続くスラッシュや文字列は、ディレクトリといいます。

具体例を出して見てみます。パイオニアのTOPページです。

  • pioneer.jp

パイオニアの各ページに移動するとURLが変わるのが分かります。

  • pioneer.jp/carrozzeria/・・・カーナビ
  • pioneer.jp/support/・・・お客様サポート

このように、ドメインの後に続く carrozzeria/support/の部分を ディレクトリといいます。そしてドメインより右側、ディレクトリ以降の部分をパスといいます。

そのドメイン所有者が、ホームページのカテゴリー分けや管理・運営上の理由でディレクトリを作成しています。

サブドメイン

サブドメインというものもあります。

ヤフーのTOPページに行くとドメインはこのようになっています。

  • yahoo.co.jp

次に、同じヤフー内のサービスであるヤフーオークションやGyaOなどに移動すると ドメインがこのようになっていることが分かります。

  • auctions.yahoo.co.jp
  • gyao.yahoo.co.jp

ドメインの頭に auctionsgyaoとあります。これがサブドメインです。

メールアドレスでも身近にサブドメインを見ることができます。例として OCNのメールアドレスの@以降の部分を見てみます。

  • abelia.ocn.ne.jp
  • dream.ocn.ne.jp

ここでも ドメインの前に abeliadreamとあります。これがサブドメインです。

サブドメインは、本来のドメインを補うもの、下位のものという意味があります。

ディレクトリと同様、そのドメインの所有者が管理・運営上の理由でサブドメインを設定して使います。

このようにみると、ドメインというのは仮想空間においてサブドメインやディレクトリなど領域を持つ、領域を拡張させることができるということが分かります。


ドメインとサーバー

ドメインというのは、ホームページの住所を明確に示すという役割があります。表札のようなものです。

それでは実際に閲覧しているホームページはどこにあるのか?というと、サーバーにあります。

大企業などでは、自社でサーバーを保有していて、そこにホームページがあり多くのパソコンからアクセスできるようになっています。また、レンタルサーバーというのもあり、サーバー管理を専門としている会社でスペースを借りることもできます。

サーバーは、パソコンにも内蔵されているハードディスクが主に使用されます。ここにホームページの元となるファイルが保管されています。

ドメインとサーバーは関連付けされています。

ドメインとサーバー

アドレスバーに URLを入力すると、ホームページが閲覧できます。ドメインはどこのサーバーを参照するのか予め登録します。これをDNS設定といいます。

メールのアドレスも@以降は必ずドメインが付いています。プロバイダの名前や、会社の名前になっています。

例えば、plala.or.jp、ocn.ne.jp、docomo.ne.jpなど。パソコンでも携帯電話でも同じです。会社の名前になっていたら、会社がドメインを取得していて使っていることになります。

メールも、DNS設定によりサーバーを経由して送受信が行われています。

インターネットのホームページ閲覧やメール送受信というのは、ドメインとサーバーの2つで実現しています。

DNSサーバー

ドメインは、サーバーのグローバルIPアドレスと関連付けされています。

これを、DNS、ドメインネームシステムといいます。

アドレスバーに、URLを入力したり メールを送信したりすると、まずDNSサーバーというドメインとIPアドレスの対応を管理しているサーバーに問い合わせしています。

DNSサーバーで、そのドメインがどこのグローバルIPアドレスか?どこのサーバーか?を確認して、ホームページを閲覧したりメールを送信しています。

DNSサーバー

このように、DNSサーバーでドメイン名からIPアドレスを調べることを 名前解決といいます。

このDNSサーバーというのは、通常 プロバイダが管理しています。

インターネットに接続することができれば、プロバイダのDNSサーバーが勝手にドメインとIPアドレスの名前解決をしてくれるのです。

プロバイダのDNSサーバーより、さらに大元にあるDNSサーバーをルートサーバーといいます。ルートサーバーは世界に13個あります。正確には、13の組織がルートサーバーを運用しています。

ルートサーバーから階層的にDNSサーバーが広がっているため、これをドメイン空間ともいいます。

独自ドメイン

独自ドメインというのは、有料で取得したドメイン、自分で管理しているドメインをいいます。

例えば、ホームページあるいはブログサービスは、プロバイダやブログサービス提供事業者が、ドメインとホームページやブログのスペースをセットにして貸し出すものがあります。

この場合、ドメイン つまりURLは プロバイダやサービス提供事業者から割り当てられたものになります。

Plalaなら、

  • http://www10.plala.or.jp/◯◯◯/

のようにホームページのURLは、Plalaのドメインのディレクトリに入ります。

ブログサービスも同様で、

  • http://blogs.yahoo.co.jp/◯◯◯/
  • http://◯◯◯.exblog.jp/

のように ディレクトリあるいはサブドメインに入ります。

このような場合は、ホームページやブログのスペースは借りていますが、独自ドメインではないということになります。

また、プロバイダと契約して付与されるメールアドレスも、割り当てられたものであり、独自ドメインではありません。

独自ドメインというのは、割り当てられたドメインとは 全く別の有料で取得したドメインになります。会社組織の場合は、独自ドメインのことを 自社ドメインともいいます。

一般的に 独自ドメインを持つと、独自ドメインのURLでのホームページ公開の他に、独自ドメインのメールアドレスを使うことができます。


関連情報