メール送受信データのフォルダの場所

メール送受信データのバックアップは、通常はメールソフトのエクスポート機能を使います。

ここで紹介している方法は、メールソフトおよびWindowsが起動しないという状態でフォルダ単位で個別にバックアップ・データ救出ができる方法です。

受信メールや送信済みメールなどはすべてWindowsの隠しフォルダに保存されています。そのため、パソコンやメールソフトによっては、すべてのファイルとフォルダを表示するという設定を行うことがあります。

Outlook Express

デスクトップまたは左下スタートメニューのマイコンピュータからCドライブを開きます。

Cドライブ

Documents and Settingsを開きます。

Documents and Settings

パソコンを使用しているユーザー名を選択します。

ユーザー名

Local Settingsをクリック

Local Settings

Application Dataをクリック

Application Data

Identitiesをクリック

Identities

数字ばかりのフォルダが出てきますが、このフォルダをクリック

数字のフォルダ

Microsoftをクリック

Microsoft

Outlook Expressのフォルダに到達します。

Outlook Express

このフォルダをUSBフラッシュメモリーや外付けハードディスクにバックアップします。

バックアップ

Outlook Expressのフォルダの中には、受信トレイや受信トレイに作成している個別の振り分けフォルダ、送信トレイなどが、dbxという拡張子のファイルでそれぞれ保存されています。

メール送受信データ

Windows メール

Vistaで使用する Windows メールのメールデータは、
C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥Microsoft¥Windows Mail。このフォルダをバックアップします。

Windows メール

Windows Live Mail

XPで使用する Windows Live Mailのメールデータは、
C:¥Documents and Settings¥ユーザー名¥Local Settings¥Application Data¥Microsoft¥Windows Live Mail。このフォルダをバックアップします。

Windows Live Mail

Windows Live Mail 2011

Vista 7で使用する Windows Live Mail 2011のメールデータは、
C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥Microsoft¥Windows Live Mail。このフォルダをバックアップします。

Windows Live Mail 2011

Outlook

Outlookは アカウント設定→データファイルの箇所で フォルダの場所が分かるようになっています。このファイルをバックアップします。

複数ある場合は、すべてバックアップしておいたほうがいいでしょう。ファイルの場所を開くで簡単にファイルのあるフォルダにアクセスできます。

Outlookのデータファイルの拡張子は、.PSTになります。

Outlook

Office 2013以降では、ドキュメントフォルダの中のOutlook ファイルというフォルダに入っているため、アクセスしやすいようになっています。