Windowsを以前の状態に戻す

システムの復元は、Windowsが不安定になった時に以前の復元ポイントと呼ばれる時点に、戻す作業です。

プログラムやドライバをインストールして、パソコンに予想外の変更が加えられたり、Windows が異常な動作をしたりすることがあります。

通常はプログラムやドライバをアンインストールすれば問題が解決しますが、アンインストールしても問題が解決しない場合は、正常に動作していた日時の状態に復元してみることができます。過去の復元ポイントを選択し、その時点の状態に戻すことで、問題を解決できる可能性があります。

システムの復元は、作成したデータやファイルなどはそのまま残り消えることはありません。あくまでシステムやプログラムに関連したファイルのみ変更が行われます。

システムの復元は、Windowsを指定した日時の状態に戻すことができますが、万全の機能ではないため、パソコンの初期化などを行う前など、他に代替手段がないという場合に使います。

復元の方法

コントロールパネル→システム。

システム

システムの保護。

システムの保護

システムの復元。

システムの復元

ウィザード形式で進みます。

システムの復元

最新の復元ポイントが表示されます。「他の復元ポイントを選択する」を選ぶと過去に作成されている復元ポイントが表示されます。復元ポイントを選び次へ。

選択

確認画面です。そのまま進むとシステムの復元が始まります。パソコンが再起動して行われます。

確認

復元ポイントの作成

復元ポイントの作成は、システムの詳細設定から行います。システムの保護タブの作成へ。

システムの保護

分かりやすいように名前を入力します。

名前

復元ポイントの作成は数分ほどかかることがあります。

作成

作成した復元ポイントは、システムの復元を行うときに選択できるようになっています。


よくある質問

Q.システムの復元ができません。
A.復元ポイントを変えると正常にできるときがあります。いくつか復元ポイントを選択して実行してみます。

Q.どの復元ポイントを選んでもシステムの復元ができません・・
A.復元ポイントがない、またはどの復元ポイントを選んでも復元できないということはしばしばあるようです。ウイルス感染したパソコン、調子の悪いパソコンなどで起こります。他に代替手段というのは残念ながらありません。