通信が確立しているかどうか調べる

pingは正確にはピンいいますが、

日本では発音の問題からピングということもあります。

このPINGコマンドを使うと、ネットワーク上にあるパソコンやホストに対し信号(パケット)を送り、ちゃんと届いて帰ってきているかどうか調べることができます。

pingという名前の由来は、潜水艦の探針音 (ピーンという音)からきています。

pingを送る、pingテストともいいます。

pingコマンドでルーターのアドレスを入力してもいいし、家庭や会社のLAN内のパソコンやネットワークプリンタのIPアドレスを入力してもOKです。

例えばヤフーに送信して届いているかどうかも知ることができます。

pingコマンドは、インターネットやネットワークなどのトラブル時に原因を探るために、よく使用されます。

方法

コマンドプロンプトを起動させます。

コマンドプロンプトが開きます。

コマンドプロンプト

pingに続けて半角スペース、そしてルーターのIPアドレス(ここでは 192.168.0.1)を入力。IPアドレスは各メーカーによって異なるので、ipconfigで調べることができます。ルーターと正常につながっている状態。

ルーター

ネットワークプリンター(ここでは 192.168.0.4)にping送信。ネットワークプリンタに正常につながっている状態。

ネットワークプリンタ

ヤフーにpingを送信。ping www.yahoo.co.jpと入力。正常につながっている状態。

ヤフー

パケットを4回送信(Sent)して、4回受信(Received)。失敗(Lost)は0%という意味です。

パケット

ヤフーにpingを送信。つながっていない状態。ネットワークにつながっていないときは、上記の正常につながっている状態以外の画面やメッセージが表示されます。

つながっていない状態

ネットワークプリンターに印刷できないときに PCとプリンター間が繋がっているかどうか?

ブラウザで何も表示されない時に、内部的にインターネットにつながっているかどうか?など調べるときに使います。