お気に入りの音楽をCDに

音楽CDというのは、コンポやCDプレーヤー、カーステレオなどで聞くことができるCDのことです。

オーディオCDともいいます。

一方、パソコンにある音声ファイルというのは、通常は拡張子が MP3やWAVなどとなっています。

MP3

パソコンやスマートフォン、iPodやウォークマンなどデジタル機器で 転送したり 再生したりすることができる 汎用性の高いファイルです。

クリックしたり 再生ソフトを起動すれば、Windows Medea PlayerやiTunesなどで音声を再生することができます。

MP3やWAVのファイルは、あくまで パソコン用のファイルなので、これをそのまま CDにコピーしたり書き込んだとしても音楽が再生されるわけではありません。

CDで聞くようにするためには、オーディオCD用に変換して書き込むことになります。

再生ソフトでの書き込み・作成

パソコンで音声ファイルを再生するソフトとしては有名なものに、

Windows Medea PlayerReal PlayeriTunesがあります。

これらのソフトは MP3やWAVなどの音声ファイルを再生することができますが、再生だけではなく 音楽CDに変換して書き込む機能ももともと付いています。

単純に音楽CDを作成するときは、これらのいずれかのソフトで行うと便利です。

Windows Medea PlayerWindows Medea Player。Windows OSにはじめからインストールされています。


iTunesiTunes。iTuneはダウンロードしてパソコンにインストールします。


例えばReal Playerなら下記のような手順になります。

Real Playerを起動させて、書き込みをクリック。

Real Player

左側に操作の手順も載っているのですが、空きのCDを入れて CDに書き込みたい音楽をマウス操作でそのまま入れていきます。

マウス操作

曲をすべて入れたらあとはCDへの書き込みボタンをクリックするだけです。

書き込み

オプション設定などで 曲間に数秒ギャップを入れたり、すべての音声ファイルの音量を統一したりすることもできます。

これらの機能は、それぞれのソフトごとに異なるので適宜調整することができます。


ライティングソフトでの書き込み・作成

パソコンには 通常ライティングソフトがインストールされています。

メーカーや機種によってどういうライティングソフトが入っているかは違ってくるのですが、すべてのプログラムの中に見つけることができます。

Roxio、Cyberlinkなど様々なライティングソフトがあります。

これらライティングソフトは、CDやDVDにデータをコピーしたり、CDやDVDそのもののコピー、イメージファイルの書き込みなどが可能ですが、音楽CDを作成することもできます。

上記のReal Playerなどと同じで、パソコンの音声ファイルを音楽CDに変換して書き込むことができます。

ソフトを起動させて、オーディオCD作成や音楽CD作成などへ進みます。

オーディオCD作成

使い方はほとんど同じで、空白のところにマウス操作などで音声ファイルを入れて、書き込みボタンを押すだけです。

書き込みボタン

ライティングソフトにもオプション設定などは用意されていて、曲間のギャップや音量調整ができることがほとんどです。

このようにパソコンの音声ファイルを音楽CD・オーディオCDにする方法というのは簡単にできます。

MP3再生ソフトを使うか、ライティングソフトを使うかのいずれかになってきますが、先ずは空きのCDを用意して書き込んでみて、実際にオーディオ機器で再生してみるといいですね。

何度か書き込んでいると一番作成しやすい方法なども分かってきます。


光学ドライブの対応

パソコンに付いている光学ドライブは、ほとんど書き込み機能を持っています。

まれに CDの書き込み機能を持たず、再生のみというパソコンがありますが、こうしたパソコンではCDの作成はできません。

光学ドライブが故障しているパソコンや光学ドライブが付いていないパソコンも同様です。

このような場合は、外付けの光学ドライブを使うことで CDの再生や書き込みができるようになります。