隠しファイル・隠しフォルダを表示する

Windowsには隠しファイルや隠しフォルダというのがあります。

通常はほとんど扱うことがないため、初期設定ではもともと見えないようになっているのですが、フォルダオプションという項目でこの隠しファイルや隠しフォルダを表示させるように設定できます。

一部のアプリケーションのデータバックアップで表示させることがあります。

ただし隠しファイル・隠しフォルダというのは ユーザーに安易に扱わせないという意図もありますので通常使用時は表示しないようにしておきましょう。


XP

左下スタートメニュー→コントロールパネル

コントロールパネル

ツール→フォルダオプション

フォルダオプション

表示タブのすべてのファイルとフォルダを表示するにチェックを入れ、適用→OK

チェック

下記のように半透明のファイルやフォルダが、隠しフォルダや隠しファイルになります。

隠しフォルダや隠しファイル

Vista,7

操作はXPとほぼ同じです。

左下スタートメニュー→コントロールパネル

コントロールパネル

ツール→フォルダオプション

フォルダオプション

表示タブのすべてのファイルとフォルダを表示するにチェックを入れ、適用→OK