隠しファイル・隠しフォルダを表示する

Windowsには、隠しファイルや隠しフォルダというのがあります。

通常はほとんど扱うことがないため、初期設定ではもともと見えないようになっていますが、フォルダオプションという項目でこの隠しファイルや隠しフォルダを表示させることができます。

一部のアプリケーションのデータバックアップなどで表示させることがあります。

隠しファイル・隠しフォルダというのは ユーザーに安易に扱わせないという意図があるため、通常使用時は表示しないようにします。

方法

コントロールパネルからフォルダオプション

コントロールパネル

表示タブ、ファイルとフォルダの表示で変更します。

フォルダオプション

このように半透明のファイルやフォルダが、隠しファイル・隠しフォルダです。

半透明

隠しファイルや隠しフォルダは、通常時は表示させないようにしておくのが適切です。もし、隠しファイルや隠しフォルダが表示されているようなら、表示されないように変更します。