ディスプレイを好みの角度・場所に

主にマルチディスプレイの構築に使われるものに ディスプレイアームまたはモニターアームというものがあります。

必ずしも必要という機器ではないのですが、アームを使うと ディスプレイを自分の好みの場所におくことができます。

実際にディスプレイアームとはどういうものか?どのようにしてディスプレイに取り付けを行うか?紹介しています。

実際の使い方

それでは実際に ディスプレイアームを使ってみたいと思います。

ディスプレイアーム。箱に入って市販されています。

ディスプレイアーム

まず箱から出して組み立ててみます。マニュアル通りに組み立てます。

ディスプレイアーム

次にアームを取り付けたい液晶ディスプレイを準備します。ここでは例として 23インチ 液晶ディスプレイ。

液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイをねかせて土台部分を外します。

ディスプレイに傷がつかないように 注意しましょう。

ディスプレイの土台を外す

ディスプレイ背面には このように4箇所のネジ穴が用意されています。

ここはアームを固定する箇所になります。ネジを外します。

ディスプレイ背面のネジを外す

外したネジでアームを取り付けて 固定します。液晶ディスプレイを支える箇所なのでしっかり固定します。

アームの固定

これでアームと液晶ディスプレイの準備ができました。

アームとディスプレイの準備

次に机やデスクにアームを取り付けます。

物理的に固定できるかどうかは重要なポイントです。

ここでは 平らな板が使われている机を使います。(下から見た様子)

机

アームの土台を机にはさみ固定します。

アームの土台を机にはさむ

液晶ディスプレイの重さもありますので ここはしっかり固定します。

アームの土台を固定

土台部分を固定したら 液晶ディスプレイの角度・場所を好きな場所にできます。

固定後

やや重量があるディスプレイでは、1人で作業するよりも誰かに手伝ってもらう方がスムーズにいきます。


VESA規格

モニターアームの四隅のネジとディスプレイ背面のネジ穴は 合致するのですが、これは VESA規格(ベーサ規格)と呼ばれるものです。

VESA規格には 75mm×75mm、100mm×100mmがよく使われています。

最近のフルHDのものでは ほとんど100mm×100mmになります。

モニターアームによっては 75mm、100mm 両方に対応していることがあります。

4軸とは

ディスプレイアームには 2軸、3軸、4軸などがあります。

アームを選び際は重要なポイントになります。

この~軸というのは 自由に動かすことができる軸の部分がいくつかあるか?ということです。

例えば 2軸なら 動かせる軸は2箇所、3軸なら3箇所、4軸なら4箇所です。

よく使われるディスプレイアームは 4軸が多くなっています。

実際に使うと分かるのですが 4軸になると4箇所の軸をある程度自由に動かせますので ディスプレイを ほぼ自分の好きな場所・レイアウトにすることができます。

土台部分土台部分。主に高さを調整。


土台から2番め土台から2番目。主に高さ・奥行き・角度を調整。


土台から3番め土台から3番目。主に左右の角度・上下の傾きを調整。


土台から3番め土台から4番目。主に左右の角度・上下の傾きなど細かい調整。


実際に使用すると様々な角度で使えることが分かります。

低め通常のディスプレイのように低めに調節。


高め高めに調節。下にメインディスプレイをおいたりします。


縦向きディスプレイを縦おき・縦向きに調整。


よく使われるパターン

上下2画面上下2画面。


3画面3画面

導入のメリット

ディスプレイを上下1台づつ、またディスプレイを縦向きにしたい、見やすい場所にしたいというときに ディスプレイアーム・モニターアームは有効です。

パソコンで少しでも作業スピードを早めたいときや、効率的に作業したいときに メリットを見出すことができます。

また液晶ディスプレイの土台部分は取り外して使うので 机上が整理されるというメリットもあります。


選び方と注意点

液晶ディスプレイの場所を柔軟に変更できるので マルチディスプレイに限らず 液晶ディスプレイを1台利用するときでもアームを付けて使用することはあります。

液晶ディスプレイの土台を取り外せるかどうか?液晶ディスプレイにアーム用の4箇所の固定箇所があるかどうかはまず確認しておきたいところです。

またアームを固定する机も 本当にアームが固定できるかどうか?確認は必要です。

まれにではありますが、液晶ディスプレイの背面にネジがあり問題なさそうにみえますが、一部のメーカーのアームとはかみ合わせがうまくいかない、固定できないということもあります。

互換性の問題がやや起きているのは事実なので できるだけ同じ液晶ディスプレイで実際に動作確認が取れているアームのレビューなどを参考にすることをお勧めします。