インターネットバンキングのセキュリティ対策を考える

インターネットでの銀行取引に特化している銀行を、ネットバンクといいます。

通常の都市銀行でもインターネット上で取引できるところは非常に多くなっており、ネットバンクや都市銀行のインターネット上での取引をインターネットバンキングといいます。

わざわざ銀行に行かなくても 残高照会・振込などができ 手数料も安く抑えられているため 利便性の高いサービスです。

ただしばしば ニュースなどでも取り上げられますが ネットバンク・インターネットバンキングの被害も起きることがあります。

このページでは ネットバンクやインターネットバンキングにおける 最低限しておいたほうがいい対策や予防策について紹介しています。

1.ウイルス対策ソフトの導入

これはネットバンクやインターネットバンキングだからというわけではないのですが、現在のインターネットを見る限り ウイルス対策ソフトの導入は不可欠のものであると考えていいでしょう。

インターネットバンキングにおける被害の中には パソコンがウイルスに感染していた状態で使用し、勝手に操作されたと考えられるものが多々あります。

ウイルス対策ソフトを導入していないパソコンで インターネットバンキングをするのは危険です。

最低限ウイルス対策ソフトの導入はしておくべきでしょう。

2.自分の端末以外からは操作しない

インターネットバンキングは パソコンで使用するのが一般的ですが スマートフォン、タブレットから操作できることもあります。

自分の使用している端末から操作する分は特に問題ないのですが、「インターネットカフェ」や他の人が使用しているパソコンで インターネットバンキングを使うことは避けるべきです。

いわゆる「キーロガー」というキーボードの履歴を記憶して送信するウイルス・スパイウェアというのは存在しているため 外部の誰でも使用できるパソコンや自分の管理下にないパソコンで インターネットバンキングを使うのは非常に危険であると言わざるを得ません。

インターネットバンキングを利用する際は 最低限自分の使用しているパソコンや管理下にある端末に限定すべきでしょう。

ただどうしても緊急のときとか 他に方法がないときは 最低でも 履歴を残さない プライベートブラウジングや、ネットバンクの管理画面で用意されているセキュリティキーボードを使用します。

3.振込限度額の設定

ネットバンク・インターネットバンキングの多くは1日の振込限度額の上限を設定できるようになっています。

自分の使用しているネットバンクで このような設定があるかないか、現在どのような設定になっているか確認してみるのもいいでしょう。

ネットバンクにおける被害のほとんどは「不正送金」といわれています。

不正にログインされ 勝手に振込・送金されてしまうというものです。

振込上限額の設定は 「万が一」に備えることもできます。

通常 何も設定しない場合は 上限は無制限や高めの上限額になっていることがあります。自分のよく利用すると考えられる適切な上限額を設定しておいたほうがいいでしょう。

4.フィッシング詐欺に注意する

フィッシング詐欺とは、メールで行う詐欺行為のことです。

金融機関を装い 偽のサイトに誘導し IDやパスワード、認証番号などを入力させようとします。

金融機関やネットバンクでは 入金・出金・振込・引き落としがあった際にメールで通知するサービスはありますが、IDやパスワードで認証を求めるということはまずありません。

正規のホームページ以外での入力は絶対に行わないという心がけが必要です。

5.ネットバンクのメリットを活かした使い方

ネットバンクのみに貯金したりするのではなくて ネットバンクの利点やメリットを活かした使い方をするのが適切です。

他の金融機関・銀行と併用してネットバンクを使用するということです。

特にネットバンクでは 残高紹介・入出金履歴がオンライン上で簡単に見れる、振込が自宅で簡単にできて しかも振込手数料が安い、コンビニなどで入出金が無料でできるというメリット・利点があります。

他の金融機関・銀行と併用してネットバンクを使用するというのが適切であるといえます。