クローン作成時やポータブルデバイス用として活用

SSDはフラッシュタイプの高速なストレージです。

HDD→SSDのコピーの際にSSDをUSB接続するときに使ったり 手持ちの余っているSSDを外付けにして使うということがあります。

また あまり外付けで使うということはないのですが、読み書き速度が速い、衝撃に強いなどのメリットがあります。

SSDではなくて 2.5インチHDDでもほぼ同じ作り方です。

今回は 外付けのSSDを作り 使い方や転送速度などを紹介しています。

準備

1.SSDの準備と確認

SSDは現在ほとんど2.5インチ SATAになります。

ノートパソコンのハードディスクと同じ大きさです。

クローン作成なら パソコン側のインターフェースと合わせましょう。

IDEを使うということはまずありません。

2.ケースの選択

2.5インチのUSBタイプのものになります。

ケースには USB2.0までの対応とUSB3.0対応とがあります。USB3.0の方が転送速度速いので SSDを活かすならUSB3.0のほうがいいでしょう。


実際の作り方

2.5インチケースとToshiba製 SSD 128GBを使ってみました。

2.5インチケースとSSD

外付けケースには、ケース本体、USBケーブル、SSDにはSSD本体などが付属しています。

箱の中身

外付けケースのカバーを開けて、SSDを取り付ける準備をします。

このケースは ネジを使わないタイプで カバーをスライドさせるだけです。

外付けケースの箱の中身

ケースのSSDを取り付けるコネクタ部分。

ケースのコネクタ部分

SSDのコネクタ部分

SSDのコネクタ部分

コネクタを合わせ接続します。

接続

ケースを閉めます。

ケースを閉める

ケースを閉めケーブルをつないだら完成です。

完成

後はパソコンにUSBでつなぎ 、Windowsのディスクの管理からフォーマットしたら外付けSSDとして使えるようになります。

パソコンにつなぐ

転送速度を比較

パソコン本体のUSB2.0とUSB3.0の端子にそれぞれ繋いでテストしてみました。

まずはUSB2.0端子。

USB2.0

次はUSB3.0端子。

USB3.0

かなり歴然とした違いがあります。

約7GBのデータを USB2.0端子とUSB3.0端子に繋いで時間を計測してみました。

  • USB2.0・・・4分45秒
  • USB3.0・・・1分13秒

USB3.0にしたほうが SSDのスピードを活かすことができるというのがわかります。


ケース選び

2.5インチのSSDには 7mmと9.5mmののものがあります。

ケース側が7mm対応可9.5mm対応か、もしくは両方に対応しているかは確認したほうがいいでしょう。

またUSB2.0までの対応か、USB3.0に対応しているかというのもあります。

転送速度は USB3.0のほうが速くなります。