表舞台に登場した驚異のデバイス

SSDとは、ハードディスクと同じく Windows (OS)やプログラムをインストールしたり、データの保管場所となるストレージ(記憶デバイス)です。

SSDは、ハードディスクに比べるとメリットが非常に多いため、今一番注目されているデバイスのひとつです。

今までパソコンのストレージは 長い間ハードディスクが使われてきましたが、SSDの登場により今後システムドライブにSSDを搭載したパソコンが増えてくることが予想されます。

また パソコン以外では レンタルサーバーやデータセンターなどでも SSDが使われるようになってきています。

このページではSSDとは何か?またSSDの特徴やメリットについて解説しています。

大きさ・規格

SSDは、2.5インチ SATAが主流です。

現在のマザーボードはほとんどがSATA規格を採用したものとなっています。

他にも1.8インチのものやIDE接続のものがありますが、一般的なものは 2.5インチのSATAになります。

SSD2.5インチ SATAのSSD。


大きさ2.5インチ HDD(左)
2.5インチ SSD(右)

大きさやネジ穴は共通なので汎用性・互換性は高くなっています。


マウンタ2.5インチ→3.5インチマウンタを取り付けることで、デスクトップパソコンや自作パソコンでも、3.5インチのドライブとして増設することができます。

主な特徴・メリット

SSDとHDDの最大の違いは、動作・可動部分があるかないかです。

SSDには、ハードディスクのようにプラッタ・モーターといった動作・可動部分がありません。

このことがSSDの大きな特徴・メリットにつながってきます。

HDDの磁気ディスクHDDは 内部のプロッタといわれる磁気ディスクが高速に回転しています。


SSDの内部SSDは データの読み書きをフラッシュメモリで行います。


軽くて静か

ハードディスクのようにプラッタ・モーターといった部品がないため、SSDはHDDより軽くなっています。部品が少ないため衝撃にも強く、ハードディスクに比べると落下や衝撃で壊れるという可能性が低くなります。

持ち運びの多いノートパソコンでは落下や衝撃による故障率も下がり、そのことを心配して使用することも軽減されます。

またSSDは動作中でも ほぼ無音になります。

低消費電力・低発熱

SSDは、動作・可動部分がないので低消費電力になります。

ハードディスクの消費する電力に比較すると1/5~1/8ほどに抑えられるともいわれています。ノートパソコンでは目に見えてバッテリーの持ちが良くなることもあります。

また発熱は非常に少なく、物理的に動作しているわけではないので ハードディスクのように常に熱を発するということはありません。

データアクセスが速い

SSDは、フラッシュメモリを使用したデータの読み書きを行うため、ハードディスクと比べると高速に読み書きが行われます。

このためWindowsやアプリケーションの起動、データの読み書きなどが高速となりパソコンのパフォーマンスが良くなります。


メンテナンス

SSDはハードディスクとは読み書きの方法が全く異なるため、従来のようなデフラグは不要です。

デフラグはデータの移動を行うため、その際に生じるデータ書き込み作業が逆にSSDにとって無駄な作業となり書き込み寿命を短くするだけになります。

Windows 7以降のOSでは SSDを認識すると自動でデフラグ機能を無効化します。

SSDでは、長期間 読み書きを行うと書き込み速度が低下する特性があるのですが、この場合はデフラグを行うのではなく Trimコマンドを実行することが推奨されています。

Trimコマンドは、SSD付属のメンテナンスツールなどで簡単に実行できるようになっていますが、手動で定期的に行う必要があるのは XP、Vistaです。

Windows7以降のOSでは Trimコマンドが有効になっているため 基本的に特別な設定やメンテナンスは必要ありません。

SATAⅡとSATAⅢ

ハードディスクと同じくSATAⅡとSATAⅢがあります。

SSDもSATAⅡ(300Mbyte/s)とSATAⅢ(600Mbyte/s)対応のものとがありますが、SATAⅢのSSDをSATAⅡのマザーボードに接続しても動作します。しかし速度の上限はSATAⅡです。

マザーボード側が、SATAⅢに対応しているとSATAⅢの上限速度がでます。

SATAⅢSATAⅢのマザーボードとの組み合わせで、転送速度が向上すると考えていいでしょう。

SATAⅡのマザーボードでも互換性はあるのであまり気にする必要はありません。


SSDもマザーボードもSATAⅢのものが主流になりつつあります。

SATAⅢに対応しているかどうかは、マザーボードのチップセットで知ることができます。またUSB3.0(青色)が付いているマザーボード・パソコンは基本的にSATAⅢに対応していると考えることができます。

NAND型

SSDは、NAND型フラッシュメモリーといわれることもあります。

NAND(ナンド)というのは、半導体メモリーにおける電子回路の構造のことで、論理演算のNOT(AND)である NANDからきています。

半導体フラッシュメモリーでは、NAND回路、NOR回路が使われるのですが、NAND回路のほうがコストが安い、大容量化しやすいという点で、現在のSSDの主流となっています。

MLC、SLC、TLC

SSDには MLCタイプとSLCタイプ、TLCタイプがあります。

SSDを構成しているのは 記憶素子、セルと呼ばれるものです。

この1つのセルに対して、何ビットの情報を記録できるかの違いがあります。

  • SLC・・Single Level Cell、1ビットの情報
  • MLC・・Multi Level Cell、2ビットの情報
  • TLC・・Triple Level Cell、3ビットの情報

SLCは、1つのセルで記録できる情報は少ないのですが、それだけ長く使え耐久性に優れるという傾向があり、主に企業向け・サーバー向けに使われています。

MLCは 単純にSLCの2倍の書き込みができますので、容量が大きくなります。

基本的に メインストリームとして使用されるのは コストパフォーマンスが高いMLCタイプTLCタイプです。

TLCは MLCよりもさらに記録できますので MLCより容量がさらに大きくなります。

mSATA

mSATAは Mini-SATAともいいます。

マザーボードやノートパソコンに mSATAスロットがあれば mSATA SSDを使うことができます。

mSATAノートパソコンのmSATAスロット。

通常の SATAと同じく スロット側もSSDも転送速度は SATAⅡ、SATAⅢがあります。

PCI-Express M.2

M.2規格のSSDには SATAモードで動作するものと PCI-Exspressモードで動作するものがあります。

Type2242、Type2260、Type2280とありますが、末尾2桁が長さを表します。

現在の主流は Type2280です。長さ80mm。

SSDを、PCI-Exspressモードで動作させる技術を NVMeといいます。

Intel 100シリーズ以降のチップセットが NVMeに対応しています。

M.2スロットにPCI-Expresss転送のSSDを使えば、今までのSATAⅢの速度を越えることができます。

NVMeに対応のSSDとマザーボードが必要になります。上級者向き。

PCI-Express接続

NVMeは、M2スロットの他に 直接 PCI-Exspressに増設して使うことができるものもあります。

コンシューマ向けでは 最高峰のストレージ。上級者向き。

容量

SSDの主な容量は、80GB、120GB、128GB、180GB、240GB、256GB、480GB、512GBなどになります。他に1TBなどの大容量もあります。

よく使われる容量は 120GB~480GBです。

ハードディスクほどは大容量化は進んでいませんが、システムドライブとしては十分な容量になります。

SSDは、容量の大きいものほど性能が高くなり価格も高いという傾向があります。

データ保存先として容量が少ない場合は、ハードディスクを1台追加してデータ保存領域を確保するという方法があります。

ハイブリットPCシステムドライブに高速なSSD、データドライブに大容量のハードディスクを組み合わせて利用する自作パソコン・BTOパソコンも増えています。ハイブリットPCともいいます。

SSDとハードディスクが補完しあい長所を生かしたパソコンです。

7mmと9.5mm

SSDは7mmや9.5mmなど高さが商品説明に記載されていることがあります。

これはSSDの高さを示しています。

SSDに限らず ノートパソコンで使用される 2.5インチのハードディスクでも 7mmと9.5mmというのはあります。

ノートパソコンは通常ほとんどの機種で 9.5mmの高さのハードディスクが使われるのですが、一部の薄型のノートパソコンやウルトラブックなどで 7mmのものが使われます。

こうしたパソコンでは 9.5mmのHDDやSSDが物理的に入らないため 7mmのものを選択することになります。

9.5mmと7mmのSSD9.5mm(左)と7mm(右)のSSD。


ネジ穴ネジ穴は共通なので 7mmのSSDを9.5mmのマウンタを持つノートパソコンや3.5インチ デスクトップ用のマウンタに取り付けることができます。


可変タイプ9.5mmと7mmの可変タイプ。スペーサー付きのSSD。

7mmのSSDは、あくまでノートパソコンにSSDを換装するユーザーのために配慮している設計です。

取り付け

2.5インチを3.5インチに変換するマウンタを使い、自作パソコンやメーカー製のデスクトップパソコンにも取り付けることができます。

インターフェースは、SATAなので電源もSATAケーブルも、ハードディスクと同じように取り付けます。

3.5インチベイハードディスクと同じ 3.5インチベイに取り付けます。電源ケーブルとSATAケーブルはハードディスクと同じものを使います。


メーカー製パソコン基本的にメーカー製パソコンでもハードディスクの代わりに、SSDを取り付けることができます。


ノートパソコン2.5インチハードディスクとほぼ同じ大きさなので ほとんどのノートパソコンでマウンタを付け替えて換装することができます。

メーカー

SSDを開発・製造しているメーカーでは、まずIntelが一番有名です。

チップセットやCPUを手がけている世界最大の半導体メーカーです。

他には TOSHIBA、Sandisk、Transcend、Crucial(Micron Technology)などがあります。

販売形態

SSDは、パソコンショップなどでバルク品とリテール品の2つがあります。

メーカーによって異なってきますが、リテール品として販売されていることが多いです。

リテール品の場合、マウンタやマニュアル、付属CDなどが付いています。またリテール品のほうが保証期間が長いという特徴があります。

リテール品Intel製 SSD リテール品。マニュアル・電源変換ケーブル・2.5→3.5インチ変換マウンタ・固定用ネジなどが付属しています。


バルク品Intel製 SSD バルク品。バルク品はSSD本体のみということがほとんどです。


SSDを販売しているメーカーや型番によってリテール品に何が同梱されているかは違ってきます。

マウンタは付いているか?電源ケーブルやSATAケーブルは付いているか?事前に必要な物が揃っているかどうか確認はしておいたほうがいいでしょう。

マウンタやSATAケーブル、電源変換ケーブルなどは 汎用品も数多く販売されているので 同梱されていない場合は別途準備するようにします。


2017年 現在人気のSSD

自作パソコンにおいては システムドライブにSSDを使うことが極めて多くなっているようです。

BTOパソコンメーカーも積極的にSSD搭載パソコンを投入、そのパフォーマンスの高さから メーカー製パソコンへの搭載やMacユーザーのSSD交換なども増えてきています。

かなり人気のあったTOSHIBAですが、存在感がなくなりつつあり、Intelをはじめ、各メーカーとも多少値上がりしている状況です。

また mSATAも供給不足、値上がりが起きており、メーカーによっては減産、生産停止になっている可能性もあります。。

Intel SSD 540sシリーズ。Intel Data Migration Software( HDD→SSD移行ソフト)やIntel SSD Toolbox(SSDメンテナンスソフト)が使用できます。SSD本体のみで付属品はありません。

関連情報