PCIスロットカバーを取り付ける

PCケースの背面のスロットカバーが空いている、一部足りないということがしばしば起こります。

PCIスロットカバーは、PCケースにもともと付属しているの不足するということはないのですが、ケースによっては 着脱式のものではなく、取り外すタイプになっていることもあるため、拡張カードを増設する際にそのまま外して紛失したり、外れてしまってそのままということもあります。

また中古の自作パソコンやPCケースを流用したら、スロットカバーが外れているということもあります。

PCIスロットカバーのことを PCIブラケットともいいます。

パーツ単品で販売されているので、あとから付け足したり、付け替えることもできます。


取り付け

ケース背面ケース背面をみるとカバーが付いていないのが分かります。


ケース内部ビデオカードやPCIスロットが空きの場合は、PCIスロットカバーが付いています。


バルク品PCIスロットカバーは単品で販売されています。


PCIスロットカバーフルタワー・ミドルタワー・ミニタワーなどほぼすべてのPCケースで使用できるようになっています。


窪みケースによってはPCIスロットカバーの先端を入れる窪みがあります。


スライドPCIスロットカバーをスライドさせて入れていきます。


ネジ穴ネジ穴を合わせます。


インチネジ通常はインチネジを使用します。


固定インチネジで固定します。ネジを使わずにレバーなどで固定するタイプのケースもあります。この場合はネジを付ける必要はありません。


ケース内部ケース内部。


ケース背面ケース背面。


通風孔付きカバー通風孔付きブラケットカバー。


取り付け取り付け。


ケース背面ケース背面。



種類

メッシュタイプや通風孔付きなどいくつかのタイプがあります。色は黒や銀など。

ケースが黒の場合は、カバーも黒にしたほうが自然な感じになります。

インチネジは、付属していないことが多いため 別途自分で用意する必要があります。

SilverStone 拡張スロット用ブラケットカバー。