光学ドライブ・HDD・カードリーダー

パソコンケースへの光学ドライブ・HDD(ハードディスクドライブ)・カードリーダーの取り付け方法です。

光学ドライブとHDDは接続規格がシリアルATAとIDEの2種類ありますが、ここでは現在主流となっているシリアルATA接続の光学ドライブとHDDで解説しています。

ケースによってはネジが不要で 固定器具が付いていることがあります。

また一般的に光学ドライブとカードリーダーはミリネジ、ハードディスクはインチネジで固定するという決まりがあります。

光学ドライブの取り付け

光学ドライブは5インチベイに取り付けを行います。

5インチベイ

ケース前面から取り付けを行うので、パソコンケースの前面を開け金属のパネルなどを取り外します。ケースのフロントパネルにはケーブルが付いているのでゆっくり慎重に開けるようにします。

前面

前面から光学ドライブをスライドさせて入れます。

スライド

光学ドライブのネジ穴と合わせます。ネジ穴は4ヶ所ありますが、計2ヶ所留めるといいでしょう。ネジはミリネジを使用します。

ネジ穴

HDDの取り付け

HDDは3.5インチベイに取り付けします。ケース前面にパネルなどがなくケース内に隠れるため3.5インチシャドウベイといわれます。

3.5インチベイ

シリアルATA接続のHDDです。精密機器なので慎重に扱います

HDD

グラフィックボードを付ける場合は、グラフィックボードの長さを注意します。長いグラフィックボードだとHDDと場所が干渉することがあるので、実際にグラフィックボードをかざしてみて問題ないかどうか確認します。

グラフィックボードの長さ

HDDを内側から矢印の方向にケースと平行に取り付けていきます。ネジ穴を合わせます。

平行に

HDDをインチネジで固定します。

固定


カードリーダーの取り付け

内蔵型のフロッピードライブやカードリーダーの取り付けを行うには、3.5インチベイを利用します。HDDの3.5インチベイより上にあるのが一般的です。前面パネルが開いているので3.5インチオープンベイとも呼ばれます。

3.5インチオープンベイ

内蔵型のカードリーダーです。

カードリーダー

正面から取り付けていきます。

正面から

ミリネジで留めます。

ネジ

補足

光学ドライブやFDD、カードリーダーなどを取り付けたら、正面パネルのカバーは取り外すようにします。

正面のカバー

正面パネルを付け光学ドライブやカードリーダーがきれいに収まっているか確認します。長さが不釣合いで飛び出している場合は、光学ドライブやカードリーダーをスライドさせて再度調整します。

確認

ケース裏側からのネジも忘れずしておきます。

裏側