IEの基本的な使い方

インターネットではブラウザは頻繁に使用するソフトです。

パソコン初心者のかたは いちばん初めに ある程度使えるようにしたいソフトです。

買ったばかりのパソコンなど IEの初期設定は使いにくいということもあります。

ブラウザ上で右クリックすることで基本的なカスタマイズが可能です。

ブラウザ上 何もないところで右クリック。

右クリック

メニューバー、お気に入りバー、コマンドバー、ステータスバーなどの表示・非表示を切り替えることができます。

表示・非表示

右上にホームボタン、お気に入りボタンや設定ボタンがあります。

右上

もともとインストールされていたり後からインストールしたツールバーの表示・非表示も切り替えることができます。

ツールバー

IEを開いたときの各部名称です。

インターネットエクスプローラ

アドレスバー
アドレスを入力するところです。ページのアドレス(URL)が表示されています。

現在のIEでは 他のブラウザと同様 検索ボックスとしての役割があります。

検索したい単語を入れて Enterを押せば検索結果画面になります。デフォルトでは Bingになっていますが、変更・追加することもできます。

メニューバー
ファイル、編集、表示、お気に入り、ツール、ヘルプがあります。ここからいろいろな便利な機能を呼び出し使うことができます。

IEには表示させておいたほうがいいでしょう。

タブ
新規のタブを使うことで、1つのブラウザで複数のページを開くことができます。最近のブラウザはほとんどがこうしたタブを活用したタブブラウザです。

ホームボタン
設定しているホームページに戻ります。

インターネットオプション

IEには いろいろな設定ができるところがあります。

インターネットオプションとよばれるものです。
インターネットオプション

主なところだと 最初に表示されるホームページの設定や履歴の削除、IEの設定リセットなどがあります。

インターネットオプションは コントロールパネルから入ることもできます。