デスクトップの右下に表示されるタスクトレイ

タスクトレイとは、画面右下、タスクバーの右端のところです。別名:通知領域、システムトレイ。

現在の時刻やアイコンが表示されています。Windows98、MEなど以前のOSでは、ここがトレイのように少し窪んでいたため、現在でもトレイという言葉が残っています。

Windows 7、タスクトレイ

Windows 7

タスクトレイの小さいアイコンは、常駐プログラムです。タスクトレイの近くには時刻が表示されていたり、言語バーもあります。

常駐プログラムというには、ユーザーの意志に関わらず常に起動しているプログラムです。

矢印をクリックすると、隠れているアイコンを表示することができます。

タスクトレイを見ることで現在のパソコンの状態をある程度把握することができます。

例えば、LANに接続されているかどうか、無線LAN接続の場合の電波の強度、USB機器が正しく認識されているかどうか、音量の状態、ノートパソコンのバッテリーの状態、セキュリティー対策ができているかどうかなどです。

表示されているアイコンは、ダブルクリックや右クリックすることができます。自分のパソコンに表示されているプログラムが何なのか、何かメッセージが出ていないかどうか知っておくことも大切です。