Linux OS Ubuntu ウブントゥ

Windowsが起動しない場合に、代わりにLinux OSで起動させハードディスク内部にアクセスしてデータを救出できることがあります。

Linux OSの入ったCDやDVDを、ライブCDともいいます。比較的簡単に使用出来るものとして、KNOPPIX(クノーピクス)とUbuntu(ウブントゥ)とがあります。

このページでは、UbuntuのライブCDの作成方法と実際の使用方法について紹介しています。

Ubuntuとは

Ubuntuは、KNOPPIXと同じくOSと多数のアプリケーションがまとめられた Linuxディストリビューションです。イメージファイルを光学ディスクに書き込むだけで使用することができます。

これにより起動しないWindowsパソコンでも、Ubuntuの入ったディスクからブートすることができます。

データ救出の際は、Windowsに依存せず Linuxによって内部のハードディスクにアクセスし、Winodwsと同じような操作方法でファイルやフォルダを他のUSBハードディスクなどにコピーすることができます。

ダウンロードとCD作成

Ubuntu ダウンロードページ

CD版(Ubuntu 12.04.1)とDVD版(Ubuntu 12.10)とがあります。DVD版は容量がやや大きくなります。

Ubuntuダウンロード

ダウンロードするファイルは ISOファイルになります。イメージファイルとして書き込みます。

使い方

作成後、パソコンの電源を入れるときにCDドライブに作成したCDを入れ、CDの起動順位を1番目にするとUbuntuが起動します。

CDドライブ

CDの起動順位を1番目にして Ubuntuを起動します。しばらく待ちます。

Ubuntuを起動

作成したCDは、インストールCDとしても使用することもできますが、ここでは インストールではなくライブCDとして使用するので、Ubuntuを試すをクリック。

Ubuntuを試す

しばらく待つと、Ubuntuのデスクトップ画面が表示されます。

デスクトップ画面

内蔵のハードディスクを見る場合は、左側メニューのホームフォルダから進みます。

ホームフォルダ

ウィンドウが開きます。

ウィンドウ

デバイスの項目に、接続されているハードディスクが表示されます。

ハードディスクは論理ドライブごとに表示されます。ここでは1つの物理ハードディスクを2つのパーティションで区切っているものです。

先に表示されているパーティションが、基本的に先頭にあるパーティションです。このハードディスクは CドライブとDドライブなので、上のパーティションがCドライブになります。

パーティション

ドライブをクリックすると、パーティションの内部へアクセスできます。Windowsと同じでCドライブ直下のフォルダから表示されます。

パーティション内部

ここでは例で My Ducumentsフォルダを救出してみます。フォルダをたどって Mu Documents表示させます。

マイドキュメント

ここでデータ救出先として USBフラッシュメモリを使います。

USBフラッシュメモリ

USBメモリをパソコンにつなぐとデバイスが追加され、ウィンドウが1つ新たに表示されます。

デバイスが追加

新たに開いているUSBメモリのウィンドウに、Cドライブから救出させたいファイルやフォルダをドラッグします。

ドラッグ

コピーが始まります。

コピー

無事にコピーが終われば データ救出は成功です。

データ救出

Ubuntuのシャットダウンは右上のアイコンから行います。

シャットダウン

基本操作

ウィンドウの左上に、閉じる・最小化・最大化のボタンがあります。最小化すると左側メニューのホーム画面のところにおさまります。

ボタン

新しいタブを開くで、同一ウィンドウ内で複数のタブを展開することができます。

新しいタブで開く

同一ウィンドウ内で表示させると、ファイルやフォルダを右クリックコピー→貼り付けなどの機能が使用できます。

タブ

Windowsと同じように ファイルパスの表示や進む・戻るボタンを使用することができます。

進む・戻るボタン

パソコンのスペックにもよりますが、起動は少し時間がかかるため待つようにします。起動後はそれほど遅く感じることありません。