内蔵ハードディスクを交換する

パソコンが起動しなくなってハードディスクが壊れたとしても、パソコンが壊れたというわけではありません。

パソコンはあくまで部品の集合体であるため、一部の部品が壊れたとして交換することにより使用できることが多々あります。

交換しやすい部品としてハードディスク、メモリー、光学ドライブなどがあります。パソコンの部品の中でも、特にハードディスクは故障することが多い部品です。

パソコン修理の6割~7割がハードディスクに関係するものといわれています。

パソコンのハードディスク交換・換装はパソコン高速化において、重要なポイントを担うこともあります。ハードディスクには回転速度やキャッシュというものがあり、新しいハードディスクほどパソコンのパフォーマンスに良い影響を与えます。そのためハードディスク交換を行うと、大抵はパソコンのパフォーマンスも向上します。

ただしHDD取り出しを行うパソコンの分解を伴うこともあるため、メーカーや機種によっては今後のメーカーサポートなどが受けられなくなることもあります。一部の機種では、分解が極めて難しいのものもあります。

また、近年はSSDの登場によりHDD交換よりSSD交換のほうがメリットも多くなっています。

このページではハードディスク交換の基本的な流れ・概要を紹介しています。

準備

2.5インチか3.5インチか大きさを知る

ハードディスクには大別して2種類の大きさがあります。

2.5インチと3.5インチです。(例外として一部の機種に1.8インチのHDDが使用されていることもあります)このどちらのHDDが使用されているかを知る必要がありますが、通常は下記の通りです。

  • 2.5インチ・・・ノートパソコン
  • 3.5インチ・・・デスクトップパソコン

IDEかSATAか接続規格を知る

ハードディスクには2種類の接続規格があります。

IDE接続とSATA接続です。使用しているパソコンのHDDがどちらの接続規格かを知っておく必要があります。

  • IDE・・・旧規格(2000年~2008年ぐらいの主流)
  • SATA・・・新規格 (2008年以降の主流)

IDEかSATAかは直接目視するか、フリーソフトを使用して調べることもできます。

バルク品かリテール品で準備する

ハードディスクなどパソコンの部品はバルク品かリテール品という形態で販売されています。

主な違いは下記の通りです。バルク品は主にパソコン専門ショップで、リテール品は主に家電店で販売されています。

  • バルク品・・・価格が安い、パッケージは簡素、説明書や添付品はない
  • リテール品・・・価格は高め、箱入り、添付品や付属ソフトがある

方法

1.パソコンからHDDを取り出す

パソコンからHDDを取り出します。この作業により使用されているHDDの大きさ・接続規格の確認をすることもできます。実際にハードディスクを取り出すことでハードディスク交換できるかどうかも分かります。

2.新しいHDDを取り付ける

パソコンに新しいHDDを取り付けます。正しく取り付けが出来ているかどうかは、パソコン電源投入後にBIOS画面で確認します。

3.Windows インストール

Windowsのインストール作業を行います。パソコンの初期化の作業と同じです。メーカー製PCや自作PCによってことなりますので、下記を参考にされてください。HDDを交換して特別なことは何もなく、そのままWindowsのインストールを実行することができます。

HDDコピー・クローン作成

新しいハードディスクにWindows・プログラム・データを丸ごとコピーして、ハードディスクを交換するという方法もあります。クローン作成ともいいます。この場合、Windowsインストール作業は必要ありません。

クローン作成により、今まで使用していたハードディスクより容量を増やしたり、速度・パフォーマンスを向上させることができます。

ハードディスクの選び方

メーカー製パソコンにしろ、自作パソコンにしろ基本的なハードディスク交換の手順・方法に違いはありません。

まず知っておきたいのは、ハードディスクのメーカーにはいくつかあるということです。

  • Seagate シーゲイト
  • Western Digital (WD) ウエスタンデジタル
  • Hitachi (HGST) ヒタチ・グローバル・ストレージ・テクノロジー
  • Toshiba トウシバ

そしてメーカーによって何かができないとか、パソコンとの相性問題で認識しないというのは基本的にないということです。

どのメーカーのハードディスクも 例えば3.5インチ デスクトップパソコン用なら同じ大きさですし、ネジ穴の場所やインチネジで固定するという方法も共通です。基本的な互換性は保たれています。

もともと内蔵されているハードディスクと全く同じものを用意しないといけないとか、同じメーカー・容量にしないといけないとか、そういう決まりは全くないのです。

ただ複数のパーティションを含むハードディスクを、HDDコピー・クローンなどを行う場合には、元々付いていたハードディスクが500GBなら、新たに取り付けるハードディスクも同容量の500GBにしたほうが、パーティションの比率をほとんど変更せずに済むので初心者の方には扱い易いということはあります。

AFT、4Kセクタ

2011年以降、ハードディスクにはAFT(アドバンスド・フォーマット・テクノロジー)や4Kセクタが採用されたハードディスクが増えています。

この点に関しては、Windows 8と10は OSが対応しているため、あまり考える必要はありません。AFTでも4Kセクタのハードディスクでも基本的に動作するといえます。

問題は、Windows 7になります。

もともと内蔵されていたハードディスクが、AFTなのかどうかを確認することが大事です。ハードディスクのラベルにAFやAFTなどのマークが付いています。そしてAFTなら、AFTのハードディスクを使うというのが無難です。

4Kセクタの正式な対応は、Windows 8と10からであるとMicrosoftでも公開されています。Windows 7では、Winodosのバックアップ機能が使えないなどの制約が出てきます。それ以外にクリーンインストールできないなどの問題も生じる可能性はあります。

またWindows 7では、初期のものはサービスパックが適用されておらず、AFTに対応していないということがあります。こうしたパソコンには、AFTではなく以前の512バイトのハードディスクが使われています。

ハードディスクの容量

また以前、古いパソコン(IDE接続)で137GB以上は認識できないというのがありましたが、最近のパソコンではこうしたことはありません。

ただし2TBより大きくなると、マザーボードなどによっては認識しないなどのトラブルも起きます。

500GBと1TB以上では、プラッタ枚数(ハードディスク内の磁気ディスク)が増えることがあります。プラッター枚数は少なくて、密度が高いほうが速度は速い傾向にあるので、2TBや4TBの容量の大きいハードディスクが必ずしも高性能であるというわけではありません。

パソコンのハードディスクを交換するなら500GB~1TBぐらいが最適といえます。


関連情報