FAT32とNTFSの違い

内蔵ハードディスクやUSBメモリ、外付けハードディスクなどには、ファイルシステムというものがあります。

ごく簡単にいいますと、非常に広大な農場をイメージしてみてください。そこには、区画があるはずです。大きな何もない土地が整地されています。または密集している住宅をイメージしてもいいです。土地の上に必ず区画があります。

つまり、土地・更地をまず何かを始めることができるように、目的に応じて整地し、区画を整えているのがファイルシステムです。

この土地の上にあるものが、データや実際のファイルということになります。

パソコンで使われているあらゆるデータは、必ず記憶媒体の何らかのファイルシステム上にあることになります。

そしてフォーマットというのは、土地を整地して区画つくる作業です。

更地にしてもう一度区画を作っていくことになります。そのためデータやファイルは当然すべて消えてしまうことになります。

主要なファイルシステムはFAT32とNTFS

Windowsで使われる主要なファイルシステムは FAT32かNTFSです。ほとんどがこの2種類になります。

FAT32は、主にUSBメモリや外付けハードディスクなど。NTFSは、主に内蔵のハードディスクで使用されています。

FAT32とNTFSの違いは以下の通りです。

FAT32

  • 最大ファイルサイズ・・4GBまで
  • 現Windows OSも含めXP以前の98、ME、2000などにも対応
  • Windows以外の MAC OSでも基本的に読み書きが可能
  • 圧縮、暗号化機能なし

NTFS

  • 最大ファイルサイズ・・2TBまで
  • 2000以降のXP、Vista、7、8、10に対応
  • Windows以外の MAC OSでは基本的に読み書きできない
  • 圧縮、暗号化機能あり

なぜUSBメモリや外付けハードディスクにFAT32がよく使われるのかというと、それなりの意味があります。

上記のように幅広いOSと互換性があるというのが一番大きい理由です。

ファイルシステムの確認

ファイルシステムはコンピュータの管理から知ることができます。

コンピュータの右クリック

コンピュータの管理からディスクの管理へと進みます。

ディスクの管理

Windowsは、NTFS上にインストールされて使われています。USBメモリや外付けハードディスクは、主にFAT32であることが分かります。


関連情報