大文字で固定する、ロックする

キーボードの左側には CapsLockキーがあります。

キーボードの左側

Capsは、Capital lettersの略。大文字のことです。

つまりCapsLockとは、アルファベットを大文字で入力できるように、キーボードを固定する、ロックするということになります。

CapsLockは、一般的に Shiftキーを押しながら、CapsLockキーを押すことで有効になります。

Shiftキーと組み合わせる

CapsLockキーを有効。キーボードによってはランプがつくことがあります。

CapsLockキー有効

また言語バーで、CAPSの箇所が有効になっていることが分かります。CapsLockの有効・無効は、言語バーでも行うことができます。

言語バー

CapsLockを無効。通常の入力モードです。

CapsLockキーを無効

Shiftキーを使わずに CapsLockキーのみ押した場合は、単に英数字のみが入力されます。

通常、アルファベットを大文字で入力する場合は Shiftキーを押しながら、大文字にします。例えば aを Aで入力するなら Shiftキーを押しながら aを入力します。

キーボード入力で、アルファベットが大文字になっているようなら CapsLockが有効になっていることがあるので、無効にします。

CapsLockキーは、日本語入力ではそれほど関係ないため、ほとんど使われることはありません。