圧縮と解凍とは?

圧縮ファイルとは、複数のファイルがひとつにまとめられているものです。

主な拡張子は、.zipです。

ZIPファイル

インターネットでダウンロードするファイルに圧縮ファイルが使われていることことがあります。他に、メールで添付ファイルとして圧縮ファイルを受信したり、送信するときに圧縮ファイルを使うということもあります。

ファイルやフォルダの容量をコンパクトにする、複数のファイルをまとめてひとつのファイルとして扱うことができるというメリットがあります。

圧縮ファイルの解凍

Windowsが標準でサポートしている圧縮ファイルは ZIPとLZHです。

圧縮ファイルを開くには展開します。解凍ともいいます。右クリック→すべて展開

実行ファイル

展開先を選びます。デフォルトでは、圧縮ファイルがあるディレクトリになります。

展開

展開されて、新たにフォルダができます。このフォルダの中にセットアップファイルやデータなどのファイルが入っています。

ウィザード

拡張子 .lzhの圧縮ファイルも同様です。右クリックして展開するとフォルダができます。

lzh

Windows XPとVistaは ZIP形式のものをサポート、Windows 7以降では ZIP形式とLZH形式のものを解凍できます。

圧縮ファイルの作成

フォルダをひとつ作成し、その中にファイルを複数いれます。

そして、右クリック→送る→圧縮フォルダと進みます。

右クリックして圧縮

Windowsでは、ZIPファイルとして圧縮することができます。

圧縮ファイル

フォルダは、メールで添付するということはできませんが、圧縮ファイルはひとつのファイルとして添付することができます。

圧縮前のフォルダの容量と圧縮後のフォルダの容量は、多少異なります。圧縮後の方が容量が小さくなっているのが分かります。

圧縮の効果

圧縮効果が高くなるファイルとそれほど効果がみられないファイルというのはあります。

  • 効果が高いファイル・・.txt .doc .xls .bmp .jtd .pptなど
  • 効果が低いファイル・・.jpg .gif .avi .mov .mp3 .pdfなど

圧縮効果が高いのは、ワード・エクセル・パワーポイントなどのファイルです。

ZIP形式かLZH形式かなど圧縮の方法で違いが出るということはあまりありません。

圧縮・解凍ソフト

ZIPやLZHの拡張子以外の圧縮ファイルを解凍したり、ZIP形式以外で圧縮する場合は、別途解凍ソフトが必要です。

解凍ソフトはフリーで公開されているものも数多くあります。

こうした解凍ソフトは、様々な拡張子の圧縮ファイルに対応している、圧縮ファイルにパスワードを付けることができるなどの機能があります。