セキュリティ対策ソフトの導入

インターネットでは、ウイルスや不正アクセスなど様々な脅威があります。

もしウイルス対策をしていないパソコンが、ウイルスに感染した場合どうなるのでしょうか?

まずパソコンの調子がおかしくなります。起動や動作が遅くなったり、ファイルがなくなったり、正常なパソコン操作が困難になっていきます。

最悪の場合は、個人情報の漏洩などにつながります。

ウイルス対策をするということは、こうした危険なウイルスの進入を監視し、そのほとんどを駆除してくれます。

ある程度 予防となるわけですから、よほどの理由がない限りウイルス対策はするようにしたほうがいいでしょう。

Windows Defender

Windows 8.110には、Windows Defenderというセキュリティ対策ソフトが組み込まれています。

そのため、有効化され 適切にアップデートされているなら、セキュリティ対策ソフトとして機能しているということになります。

Windows 7にも、Windows Defenderは組み込まれていますが、これはスパイウェア対策のみでウイルス対策は行っていません。

そのため、Windows 7では 別途ウイルス対策が必要であり、Windows 8.1、10では ユーザーの判断によって、別途ウイルス対策を行う、と考えることができます。

XP、Vistaのときに比べると、ウイルス感染によるトラブルが減少したのは、Windows Defenderの存在があったといえます。

近年、Windows Defenderの評価はあがっているのは事実です。ただ他のメーカーの製品に比べると、歴史や実績が浅いというのがあります。

通常は、他のメーカーの製品をインストールすると、Windows Defenderは無効化されるので競合するということはありません。

総合セキュリティソフトとアンチウイルスソフト

セキュリティ対策ソフトは、大別すると2種類あります。

1つはファイヤーウォール機能などを有した総合セキュリティソフト、統合型セキュリティソフト、もう1つはウイルス対策を重視したアンチウイルスソフト、ウイルス対策ソフトです。

要するに、機能の違いです。

セキュリティ対策ソフトは、常駐プログラムであり パソコンのパフォーマンスに少なからず影響します。特に総合セキュリティソフトは、他のソフトとの相性などが出ることもあります。

そのため、総合セキュリティソフトで問題が生じた場合は、アンチウイルスソフトにするなどの対応をとることもあります。

体験版

セキュリティソフトは実際に使ってみると、パソコンのパフォーマンスが落ちたり、他のソフトに支障が出たり、管理画面が使いにくいなどの問題が起きることもあります。

こうしたこともあり、セキュリティ対策ソフトのメーカーは、体験版を用意しています。

セキュリティ対策ソフトのメーカーは、Microsoft以外のメーカーであり、第三の会社という意味で、サードパーティーともいいます。

メーカーにより、無料体験版として使えるソフトの種類は異なります。スマートフォンやタブレットなどモバイル用のソフトもあります。

プロバイダ

契約しているインターネット回線やプロバイダに、サードパーティーのセキュリティ対策ソフトがサービスとして利用できることがあります。

例えば、電力系ならマカフィーやカスペルスキー、NTTならトレンドマイクロなどです。

割り当てられた製品キーを入力することで、無料で利用できることがほとんです。セットアップ用のファイルは、プロバイダのホームページに用意されておりダウンロードできるようになっています。

ユーザー登録やログインなどが必要になることがあります。

スマートフォン・タブレット

近年は、パソコンを複数台使用したり、スマートフォンやタブレットを持つということも増えてきました。

そのためセキュリティ対策ソフトも、パソコン1台での使用のものから、複数台、あるいはモバイル端末も含めて使用できるものが増えてきています。

また期間も、1年更新のものから3年や5年の更新まであります。

スマートフォン・タブレットなどの端末を考えると、Windows Defenderだけでは対応できないため、やはり何らかのかたちでサードパーティーのセキュリティ対策ソフトを検討する必要が出てくることになります。


第三者機関での評価

セキュリティ対策ソフトの検出率や検査スピード、パソコンのパフォーマンスに与える影響などは、各ソフトによって異なります。開発している会社が違えば、内容も異なるのです。

これらのソフトのウイルス検出率・検査スピードなどを比較・分析している第三者機関があります。

第三者機関は、ウイルス対策ソフトのメーカーとは全く独立した機関であるため、比較・分析結果は公平で正確といわれています。どの検査機関も1年に数回の比較・分析を行いWEB上で結果を公開しています。

有名な検査機関などは下記の2つがあります。

AV Comparatives。オーストラリアの独立系のテスト機関。結果に応じて各ウイルス対策ソフトにAdvanced+、Advanced、Standard、Testedなど4段階の格付けが行われます。

VB100。イギリスの第三者機関 Virus Bulletin社により与えられる賞。最新の「ワイルドリスト」に登録されているウイルスを100%検出し、かつ誤検知が全くない製品にVB100の賞が与えられます。

こうした第三者機関におけるテスト結果、調査結果は、セキュリティ対策ソフトのパッケージやメーカーのホームページで紹介されています。

ウイルスは日々進化していて、新種のウイルスは毎日発生しているといわれています。第三者機関のテスト結果は、セキュリティ対策ソフトやそのメーカーが、新しいウイルスなどに対応できているかどうかを知ることもでき、ソフトを選択する際の指標になるといえるでしょう。

関連情報