マザーボード端子で2画面出力

2012年以降に、Intel 6シリーズのチップセットやサンディーブリッジと呼ばれるCPUが登場してからは、グラフィックボードを増設しなくてもマルチディスプレイができるようになりつつあります。

ここでは例として Intel 6シリーズのマザーボードとサンディーブリッジのパソコンを使って実際にマルチディスプレイにした様子を紹介しています。

端子

自作パソコン Intel 6シリーズのマザーボードとサンディーブリッジのパソコン。グラフィックボードは搭載されていないパソコンです。


出力端子 マザーボード背面の映像出力端子。Display Port、HDMI、DVI、VGAなどがあります。実際に使用できるのは2つまでです。

接続

まず1台目のディスプレイをHDMIで繋ぎます。

HDMI

通常のディスプレイ1台の状態です。

ディスプレイ1台

次に2台目の液晶ディスプレイをDVIで繋いでみました。

DVI

HDMIで繋いだ1台目のディスプレイ(左)とDVIで繋いだ2台目のディスプレイ(右)。マルチディスプレイになりました。

2台の液晶ディスプレイ

コントロールパネル→ディスプレイの設定から、拡張モードや複製モードを選択できます。

設定

モード

よく使われるのは拡張モードと複製モードです。

拡張モード拡張モード。

それぞれの液晶ディスプレイをマウスで行き来できます。ウィンドウを開いたりして独立した拡張エリアとして使用することができます。


複製モード複製モード。

単純に同じ画面が2つ表示されます。

解像度

コントロールパネル→ディスプレイの設定で 2つのディスプレイの解像度をそれぞれ設定することができます。

フルHD 左・1920×1080(フルHD)、右・1920×1080(フルHD)


1280×720 左・1920×1080(フルHD)、右・1280×720。


このように、Intel 6シリーズ以降の自作パソコン、BTOパソコンでは、グラフィックボードがなくてもマルチディスプレイにできることもあります。