マザーボードのピンとの接続で活用

ピン配列変換ケーブルというのがあります。

これは通常の自作ではまず使うことはありませんが、マザーボードのフロントパネルコネクタのピンの形状が合わないときに使います。

マザーボード交換・ケース交換するときに役立つことがあります。

それ以外にも 繋ぎたいコネクタがマザーボード上のピンの配列と合わないときに使うこともあります。

具体例

これがピン配列変換ケーブルです。

ピン配列変換ケーブル

たとえばここに BTOパソコンメーカーで使われていたPCケースがあるとします。

BTOパソコンのPCケース

マザーボードはMicroATXのものが使われていましたが、ピンは10-1ピンであることが分かります。

マザーボード

フロントパネルコネクタからのケーブルも10-1ピンになっています。

10-8ピン

ここで新たに別のMicroATXのマザーボードを取り付けるとします。マザーボード交換です。

別のマザーボード

このマザーボードは20-8ピンです。

20-8ピン

つまりフロントパネルコネクタのケーブルは10-1ピン、マザーボードは20-8ピンで合わないことが分かります。

こうした時にピン配列変換ケーブルを使います。

10-1ピンも20-8ピンも形状は違うとはいえ、基本的な部分は同じです。

PWR(電源ボタン)、RESET(再起動ボタン)、POWERLED(電源ランプ)、HDDLED(HDDランプ)などあります。

極性は 色付きをプラス、白と黒をマイナスと考えます。

極性

フロントパネルコネクタのケーブルに極性を合わせ繋ぎます。

ピン配列変換ケーブルを繋ぐ

フロントパネルコネクタのケーブルのどの部分がHDDLEDか、POWERLEDか、あるいはスイッチかを把握しておき、マザーボードの20-8ピンの該当するところへ繋ぎます。

マザーボードへ繋ぐ

上から見たところ。20-8ピンなのでスピーカーは別途取り付けました。

スピーカー

組み立て後。電源スイッチ、再起動ボタンが正常に動作し、電源ランプ、HDDランプも問題ないことが分かります。

スピーカー

このようにピン配列変換ケーブルを使うことで フロントパネルコネクタとマザーボードのピン配列が違うときに活用することができます。

通常の自作パソコンではこうしたことはまずないのですが、今回の事例ではBTOパソコンメーカーのケースに別のMicroATXのマザーボードを取り付けたときに使うことができました。

他にマザーボード上のいくつかのピンに繋ぐ際やケーブルを延長する際に使われます。

基本的にケーブルの極性は、色付きがプラス、白・黒がマイナスになります。