自作パソコンではオフィスをどうするか?

パソコンで文書作成、表計算などMicrosoftのOfficeを使うことは多いです。仕事用で使ったり、家庭用としてちょっとした文書作成や表計算をしたりと様々です。

WindowsにOfficeが付いているというわけではないため、Officeは別途用意する必要があります。

このページでは、自作パソコンにおいて文書作成、表計算を行う場合、Microsoft Officeを含めどのようなソフトがあるのかを紹介しています。

OpenOffice

OpenOfficeは、MicroSoft Officeとある程度の互換性があるフリーのソフトウェアです。インストールして使用することができます。

できることは文書作成、表計算、プレゼンテーション、図形描画、データベース、数式などです。

Microsoft Officeにあてはめると、文書作成→Word、表計算→Excel、プレゼンテーション→PowerPointになります。

完全な互換性とはいえない部分もありますが、基本的にはMicrosft Officeで作成されたものを OpenOfficeで開くことはできます。またOpenOfficeで作成したものを Microsoft Office形式で保存することができます。

無料とはいえ、企業や公官庁などでも使用されていることもあり、それなりに実用性はあるソフトです。

他に似たようなフリーのソフトウェアとして、LibreOfficeがあります。

Office Online

Office Onlineは、オンライン上で Officeのファイルを開いたり編集したりすることができるMicrosoftのサービスです。

やや動作が遅く、機能に制限がありますが、ファイルを確認したり・編集したりするなど最低限の機能があります。

MicrosoftのクラウドサービスであるOne Driveにあるファイルを扱うことができます。

使用するためには、 Microsoftアカウントが必要です。

Kingsoft Office

Kingsoftの提供するOfficeは、Microsoft Officeと非常に近い仕上がりになっています。見ため・拡張子などもほぼ同じです。

ある程度Officeを使う、完璧さは求めないがほどほどに使えるものがほしい、低予算でインストールしたいという方には適しているかもしれません。

大手の中古パソコンショップなどでは、よくこのKingsoft Officeを使用しています。もともと中古パソコンにインストールされていたり、プラス数千円で追加インストールすることができます。

キングソフト WPS Office Standard Edition。

Office 365

Microsoftの一年ごとに更新するタイプのOffice。

Office 365は、PowerPointやAccessが入っている割にパッケージ版より安く OneDrive 1TBなどの付加サービスもあります。

ダウンロード・インストールでは Microsoftアカウントが必要になります。

Microsoft Office

パッケージ版のOfficeです。

自作パソコンにおいて、パッケージ版のOfficeを使うという場合は、あらかじめOfficeのコストも考えてパーツ構成を練る必要があります。

Microsoft Office Personal 2016。Word、Excel、Outlook。

最新版の2016は、パッケージにプロダクトキーのみが入っていて、ソフトウェア本体はMicrosoftからダウンロードするという形になっています。Microsoftアカウントが必要です。

またライセンキーが PC2台まで使用出来るというのも特徴です。

Officeには、Personal版とPro版という区分があります。2013や2016では、Personal版とHome and Business版、Pro版があります。Word・Excelのみか、PowerPoint、Accessも付いているかどうか?という違いです。