自作パソコンの組み立てキット

これから自作パソコンを作ってみたい!自作パソコンを使ってみたい!というときに、パーツ選びが面倒だったり分からないということがあります。

全く初めて自作パソコンを始める場合は、特に分からないことが多いものです。

組み立てキットというのは、パソコンショップ側で、すでにパソコンパーツをすべてセットで用意しているものです。自作パソコンキットともいいます。

PCケース、電源、マザーボード、CPU、メモリーなど特にパーツ選びをしなくてもいいようになっています。

パーツを組み立てる

組み立てキットは、主にATXやMicroATXのパソコンパーツが使われています。

パソコンショップ側で、比較的新しく人気のあるパーツなどを選んで使用しているので、自作パソコンと同じようなパーツ構成になります。

マザーボードとメモリーの相性やマザーボードとCPUの対応状況などが、パソコンショップ側で確認・動作検証された上で販売されているので、パーツ選びをする必要がない、パーツの相性問題を気にする必要がないというのがあります。

自作パソコンキットは、自作パソコンを組み立ててみたい場合は、すぐに始められるといえます。

BTOパソコンは、パソコンショップで組み立てやOSインストールを行うので持ち帰ればすぐに利用できるのですが、組み立てキットは、あくまでも自分で組み立てて OSをインストールするのが原則です。

OSはDSP版を使える

組み立てキットはパーツはすべて揃っていますが、OSは付いていません。

ただし自作パソコンと同じで、DSP版のOSをセットで購入できます。

パソコンショップにしろ、通販にしろ組み立てキットを購入するときは、OSをどうするか聞いてきます。Windows 10を選択するといいでしょう。

店舗によっては付加サービスもある

組み立てキットは、主にパソコンショップであるパソコン工房ドスパラ で販売されています。

店舗によっては、自作パソコンの組み立てができるように、DVDを付けていたり、自作パソコン教室や組み立て代行などもしているところがあります。

スペック(性能)によって何種類かのキットを用意しているところもあります。また、組み立てキットはすべて新品のパーツなので、もちろん保証期間があります。

組み立てキットは、自作パソコンの入門的なものといえます。パーツ選びができないけど組み立ててみたい、使ってみたいという方には最適と言えるでしょう。

組み立てキットも自作パソコンと同じなので、後から自分でパーツを増設したり交換したりできます。


関連情報