内臓・外付けのハードディスクの共有

パソコンに複数のハードディスク・SSDが搭載されていたり、外付けのハードディスク・SSDがある場合、ネットワーク上で共有することができます。

一般的に、ネットワークでの共有は、フォルダを作成して行います。

例えば、パソコンに内蔵されているDというドライブがある場合、この中にフォルダを作成して 共有の設定を行えば、そのフォルダを経由してネットワーク上の他のパソコンからアクセスできるようになります。

ただ場合によっては、ドライブごと共有設定を行うということもあります。

このページでは内蔵や外付けのHDD・SSDのドライブ単位での共有方法について解説しています。

設定方法

パソコンに内蔵のハードディスクが繋がっているとします。ここでは ボリューム(F)。

USBハードディスク

右クリック→プロパティ→共有タブ、詳細な共有。

詳細な共有

このフォルダを共有するにチェックを入れ、アクセス許可へ進みます。

共有する

Everyoneを選択し、フルコントロールにチェックを入れます。開いた2つの画面をOKで閉じます。

Everyoneを選択

セキュリティタブ、編集へ進みます。

セキュリティタブ

Everyoneがあれば、Everyoneを選択して フルコントロールにチェックを入れます。Everyoneがない場合は、追加へ進みます。

追加

Everyoneと入力して OK。

Everyoneと入力

Everyoneを選択して フルコントロールにチェック、OK。

Everyoneを選択

設定が変更されるため、少し時間がかかることがあります。扱わずにそのまま待ちます。Everyoneにフルコントロールのチェックが入っていることを確認して画面を閉じます。

確認

共有されたドライブ。

共有されたドライブ

ネットワーク内の他のパソコンからアクセス・編集できるようになります。ここでは fが共有されたドライブ。

他のパソコン

共有を解除する場合は、共有タブ、詳細な共有から共有のチェックを外し、セキュリティタブ、編集でEveryoneを削除します。

Everyoneの削除

このようにドライブの共有では、共有とセキュリティの2か所の設定を行います。

セキュリティのタブで設定を行わない場合、他のパソコンからアクセスしても、ネットワークエラー、アクセス許可がないと表示されます。

ドライブの共有は、USBの外付けハードディスク、内蔵の論理ドライブなどでも基本的に設定方法は同じです。