変更・追加分のバックアップ

イメージバックアップは、一度バックアップを行えばそのバックアップから復元することができます。

しかし、バックアップしている Cドライブは、時間が経つと Windowsアップデートやソフトウェアの追加、データの変化などが出てくるものです。

そこで一度作成しているイメージバックアップに、変更分や追加分を加えるバックアップを行うことがあります。

これが、増分バックアップ、差分バックアップになります。

増分バックアップ

増分バックアップというのは、初回バックアップから増えた分をバックアップするということです。

例えば、7/10に初めてイメージバックアップを行ったとします。このような初回のバックアップを、フルバックアップともいいます。この時点でのCドライブはWindowsやCドライブは、バックアップができています。

増分

次に7/20までにパソコンでソフトをインストールしたりデータが増えたとします。ここで増分バックアップを行います。変更したソフトや増えたデータなどが反映されてバックアップされます。

次に7/30にデータが増えて Windowsがアップデートされたとします。ここで増分バックアップを行います。7/20からさらに変更された分が反映されてバックアップされます。

7/30の時点では、フルバックアップのイメージファイルに加えて、あと2つファイルが追加されていることになります。

増分バックアップというのは、初回のバックアップイメージを上書きするというものではなく、変更点や追加分だけをバックアップします。

そのため、バックアップにかかる時間も短く、バックアップしたらイメージファイルがひとつ追加されるようになっています。

差分バックアップ

差分バックアップというのは、初回バックアップとの差をバックアップするということです。

差分

基本的に、日数が経つほど、バックアップ回数が増えるほどバックアップファイルの容量が大きくなっていきます。

設定にもよりますが、バックアップするたびに、差分バックアップのファイルが作成されます。バックアップファイルは、フルバックアップと差分バックアップを行った回数分のファイルになります。

違い

バックアップ時のスピード

増分バックアップと差分バックアップでは、バックアップ時のスピードが異なるといえます。

増分バックアップが前回からの変更点、差分バックアップが初回バックアップからの変更点になるため、増分バックアップのほうがスピードは速くなります。

バックアップしたファイルの容量

増分バックアップと差分バックアップでは、それぞれ容量が違ってきます。上の図で 7/30時点でのバックアップしたファイルはこのようになります。

差分

同じ2回分のバックアップですが、増分バックアップは前回から、差分バックアップは初回バックアップ時からの変更点になるので、バックアップの回数が多くなるほど差分バックアップのほうが容量が大きくなるということになります。

復元

例えば、7/30の状態にパソコンを戻そうと思ったら、増分バックアップでは、初回バックアップのファイルも含めて全部で3つのファイルが必要です。それに対して、差分バックアップは、2つのファイルで復元ができます。

復元時

増分バックアップを10回行えば、初回バックアップ+10個のファイルが必要です。一方、差分バックアップでは、10回行なって 10コファイルがあっても、初回バックアップとその時点の差分バックアップのファイルがあれば復元できることになります。

バックアップ時間が短い、管理しやすいという点で、差分バックアップより増分バックアップのほうが使われる傾向にあります。