クラウドにバックアップする

オンラインストレージとは、インターネット上でデータが保管できるディスクスペースのことです。

自分でハードディスクなどの媒体を用意しなくても、インターネット環境があればバックアップをとることができます。

オンラインストレージ

このようなサービスを、クラウドサービスともいいます。

オンラインストージとはいっても、原理原則はUSBメモリや外付けハードディスクと同じといえます。

オンラインストージのサーバー、つまりハードディスクにデータをコピーして保存します。USBメモリーやハードディスクのように手元に媒体がなく、遠くはなれたクラウド上にあるということです。

オンラインストレージは、インターネット上のサービスとなるため、ログインして使用します。それぞれのサービスでアカウントの登録が必要となります。

例えば以下のようなところがあります。

他に MicrosoftのOneDrive、GoogleのGoogle ドライブなどがあります。

同期

同期機能のあるオンラインストレージを利用すれば、パソコンとオンラインストレージのデータを同期させることができます。通常のバックアップにはないものが、この同期機能です。

例えば、Excelで家計簿を作成しているとします。

毎日入力している場合、ファイルには変更が加えられることになります。通常のバックアップでは、更新の度にバックアップを外部の媒体に取るとなると手間がかかります。

オンラインストレージの同期機能を使えば、パソコン上で更新を行ったファイルは、オンラインストレージでも自動的にファイルが更新されます。

共有

パソコンを複数台保有していたり、離れた場所のパソコンでデータを共有する際にもオンラインストレージが使われることがあります。

個人のパソコンで、利用する頻度が高いデータをオンラインストレージにおいておき、異なるパソコンからその都度アクセスすることができます。また、会社の拠点と拠点で同じデータを使う際にアクセスして利用するということも可能です。

設定によっては、バックアップと共有機能を併せ持たせることもできるということになります。

リスク回避

パソコンとバックアップしているデバイスが近いところにある場合、災害などにより両方消失するというリスクがあります。

また、USBメモリーのように持ち運びで使うという場合は、盗難や紛失の可能性があります。外付けハードディスクのように衝撃等によるダメージも考えられます。

オンラインストレージに関しては、このような地理的リスク、盗難や紛失のリスク、衝撃などによる故障のリスクに対して、回避できることがあるといえます。

オンラインストレージのサーバーは、運営しているところにもよりますが、一般的に災害などに対してある程度の耐性、データの保全を考慮した設備になっています。

セキュリティ

USBメモリーや外付けHDDと違って手元にあるストレージではないので、インターネット環境は必要となります。

セキュリティに関しては、万が一のことを考えると、機密性が高いデータはオンラインストレージではあまり向いていないかもしれません。万が一、IDやパスワードが知られたら、ログインされてデータの閲覧ができるようになるためです。

しかし、近年は Apple、Dropbox、Googleなど 2段階認証が使えますので セキュリティは向上しています。