バックアップで行う基本操作

バックアップの際は、フォルダやファイルを探したりコピー・移動させたりという操作を行うことになります。

Windowsの基本操作である ドラッグ&ドロップは重要です。

この操作ができればバックアップは誰にでもできます。ドラッグ&ドロップは下記の法則がありますので覚えておきます。

  • 異なる物理ドライブ・論理ドライブ間ではコピー
  • 同一の物理ドライブ・論理ドライブ間では移動

つまりどういうことかといいますと、

異なるドライブ、例えばCドライブとDドライブ、Cドライブと外付けHDD、CドライブとUSBメモリなどでドラッグ&ドロップを行うとすべてコピーになります。

当たり前のことなのですが、同じCドライブ間、同じ外付けHDD間などでは必ず移動になります。

下記の基本操作・用語は覚えておくと便利です。

論理ドライブというのは、物理的に一つのハードディスクが CドライブやDドライブになっているものをいいます。

このような論理ドライブで、CとDにコピーしてデータをおいていたとしても、そのハードディスクが故障したときは、CドライブとDドライブの両方のデータは消失します。これは、しばしば起きることです。

論理ドライブ間では、バックアップにはならないということを知っておく必要があります。

パソコンは、階層構造やフォルダによって管理されています。そのデータがどこにあるのか?ディレクトリや絶対パスという概念も大切です。他に知っておきたい操作や用語には以下のものがあります。