Microsoftのクラウドサービス

Microsoftのクラウドサービスを、OneDrive ワンドライブといいます。

Windowsのパソコンでは、OneDriveのフォルダが用意されています。またOfficeでは OneDriveと連携して使うこともできます。

MicrosoftのOneDrineでは、Microsoft アカウントが必要になります。Microsoftアカウントは、Office製品をダウンロードする際に使うことがあり、既に持っている場合は基本的にそのアカウントを使います。

初期設定なども含めて、初心者むけとは言い難いところもあり 注意が必要なところもあります。

OSに標準でフォルダが用意されているとはいえ、情報セキュリティの観点からアカウント、2段階認証、同期、バックアップ、リンクなどの基本を理解している中級者・上級者むけです。

基本的な使い方

Windows 10 エクスプローラー、OneDriveのフォルダがあります。

OneDriveのフォルダ

Microsoft アカウントで使っているのメールアドレスを入力してサインインに進みます。パスワード入力などが続きます。パソコンによっては、2段階認証になることがあります。

メールアドレス

サインインが終わると、設定のウィザードになります。OneDriveのフォルダはデフォルトでは、ユーザーフォルダの中になります。後で変更することができます。次へ。

ウィザード

デフォルトではデスクトップ、ドキュメント、写真も同期するように選択されています。同期するフォルダも後で変更することができます。

同期の選択

ここでは、デスクトップ、ドキュメント、写真は同期を解除しています。

Dropboxのページ

設定後、OneDriveのフォルダが使えるようになります。

設定後

デスクトップ右下の通知領域にOneDriveのアイコンがあります。

通知領域

クリックすると画面が表示され、その他から設定などを行うことができます。オンラインで表示するでOneDriveのアカウント専用の画面が表示されます。

専用の画面

例えばここで、同期していないファイルやフォルダを、OneDriveにおきます。

ファイルやフォルダ

同期が行われ、OneDriveのアカウント専用のサーバーにもデータがコピーされます。

同期

またOneDriveのフォルダ、あるいはアカウント専用の画面いずれかでデータを削除すると、どちらもデータが削除されます。

削除されたファイルは、アカウント専用の画面のごみ箱に入ります。

One Driveは他にも2段階認証でセキュリティの強化されたフォルダ、OneDriveのフォルダの場所の変更、アカウント専用の画面での共有などいくつかの機能があります。